黒い箱。


私は動物が好きで(人間も動物であるのだけれど)、
動物たちそれぞれに、何らかの神性、聖なるものが宿っている気持ちになります。
ヒトは神の子、と言ったのはイエス・キリストだったかしら。
エキゾチックロングヘアのこたちゃん。
聖母マリアにみえると言ったら、
キリスト教徒さんから怒られてしまうかしら。

そのクライアントさんは遠隔地に住んでいらして、
わざわざ学芸大学までお越しくださった。
2回ほど、お会いしたことがある方で、
パートナーとご一緒に、ハイセンスな飲食業を営んでいらっしゃる。
久しぶりですね、とお互いに声をかけながら、
あら、でも随分と疲れているような感じ。

「鶴見さん。私、黒い箱に閉じ込められてしまうんです。」
(☉。☉)!
「黒い箱、ですか?その中にあなたが?」
「そうなんです。最初はもう少し大きい箱だったような。
あ、気持ちが、なんですけれど。
本当に黒い箱、そのものは無いんだと思います。
でも、黒い箱に押し込められていく気持ちになるんです。」

はいはい。良くわかります。
実は、何人かのクライアントさんとのセッション時に、
同様の話は聞いております。
黒くて、中も黒くて、蓋が閉まる箱のですよね?

「そうなんです!そんな箱です。
その、黒い箱の中にね。入りたくは無いんです。
でも、何でしょう、誰かに?なんでしょうか?
いつの間にか、箱の中に押し込められてしまうんです。
それで、出たくてもがくんですが。
出られないんです。」

うわー。それは、とてもとても大変な事態です。
かなり、あなたの「気持ち」、心というのでしょうか。
限界状態です。臨界点です。
今まで良く頑張りました、
でも、ごめんなさい、精神的にかなり危ない状態です。
これ以上、我慢をしてはならない状態です!

カードを繰りながら現状をみてみる。
あ、あなたの夫、御主人様の態度が超キツイですね。
言葉の暴力。これは強い強いストレスですし、
このストレスが心、魂を破壊していくのです。
人は皆、尊厳を持っています。
本来尊厳は、何より守られなくてはなりません。

「主人は外ヅラが良いので、誰もわかってはくれません。
私は、怖いんです。
日に日に、その黒い箱が狭く、小さくなっていくんです。
いつか、黒い箱につぶされるのでは、と
とてもとても怖いんです。」

ああ、それは危ない!
ごめんなさい、末期症状に近付いてきてしまっています。
なんとかしなければ。
具体的にどのようにしていけば良いか、
カードを繰りながら内容を詰め、可能性を引き出していきます。

私ね、見たことがあるんですよ。
同じような症状の人の、まさに、箱が潰れる瞬間。
その人は、
心配する人たちに囲まれる中で、
誰もその人には触れていないのに、頭を抱えて
助けて、そんな小さな箱に入れないで、
そんな黒い箱、小さすぎて入れるはずがない、
ああ、入れないで、助けて、入りたくない、
いやだいやだ、入るのはいやだ、

そして断末魔のような凄まじい絶叫を残して、
次の瞬間からその人は、完全に寝たきりの廃人になりました。
その声を私は聞きました。
絶叫する顔も身近で見ました。
一生、忘れられないその場面。

大丈夫、きっと黒い箱はこれからは、現れて来ないから。
そうお話しつつ、一日も早く、状況が改善していく事を祈る思いでおります。

黒い箱。
入らないように、どうぞ皆さま、お気をつけて。

簡単・結界石。


神奈川県厚木市に在る「七沢観音寺」の勢至菩薩像。
勢至菩薩は、阿弥陀如来の脇侍として祀られていますが、
単体でこのように大きな坐像が祀られているのは大変に珍しいのです。


こちらの主仏は馬頭観音。
観音さまでありながら、火炎の中、忿怒の形を取ります。
牙もあります。
でも、生類を憐れみ、慈しんで救い上げる。
愛とは、いろいろな形を伴う、
もとい、形が無いからヒトは何かに当てはめたがる。
それで安心を得られると錯覚する。

今日、みえたクライアントさんからのご質問。
「結界を張るにはどうすれば良いですか?」

上の写真にある護摩壇は、結界の最たる見本です。
ただ、一般的に生活する中で、このような結界を張っては
逆に日常が送れなくなってしまいます。
なので、こちらは「ソフト結界」になります。
作り方はとても簡単。
ホームセンター等で、四角いレンガか庭石を用意します。
一辺が15センチくらいあれば充分。
これに、麻縄をプレゼントのリボンのように掛けます。
十文字に縄をかけたら、縄が交差する場所を堅結びで結びます。
そしたら、裏返してもう一箇所の交差部分を短い麻縄で堅結び。
これで「結界石」が出来上がります。
これを4つ作って、敷地の四隅もしくは、間取りの四隅に置けば完了です。

結界の中のエネルギーは安定し、
外部からの不安定なエネルギー(魔)は入りにくくなります。

クライアントさんとお話しながら、
優しいお兄様に関してリーディング。
あれー、お兄様の奥様、鬼みたいに怖い〜。

「そうみたいなんです。かなりキツイんです。」
「ありゃー。仏の夫に鬼嫁ですねー。こりゃスゴイ。」
「なんとかなりませんかしら、兄、最近顔色がどす黒くて」

そうですね、節分が近いですから。
この際、鬼は外福は内、やっちゃいましょう。
どうするかって?
鬼は外、で豆を外に撒くでしょ。
福は内、で豆を中に撒く時に、うっかりしたふりして
鬼嫁に豆を少し、当たらせちゃうの。
鬼嫁の、鬼の部分だけ外に出るように。

そして、撒くヒトも撒かなかったヒトも、
必ず、福茶を飲んでください。
福茶は、急須に福豆(豆まきに使う豆)を入れて、
煎茶か番茶で淹れます。
これで一年の邪気祓いが、できます。

北海道など、殻付き落花生を豆まきに使う地方では、
落花生で福茶として構いません。
(本来は炒った大豆を使います)

昔からの習わし、
巧く活用していきたいですね。

ピンポンパール。


とっても可愛い真ん丸金魚、ピンポンパール。
大きくなる個体もいるようですが、熱帯魚店で販売されているものは、親指第一関節くらいの大きさ。
小振りなものが多いです。
真ん丸なおなかをゆさゆさ、優雅というよりコミカルに
泳ぐその姿には和みます。

このピンポンパールに形が相似形なのが、

うちの猫、あおちゃん。
避妊手術の影響か、最近ますます真ん丸に。

たまに、頭を撫でながら「うちのピンポンパールちゃん」。
かあちゃん、サイテー。
あお、お年頃なのにいー。

絶対、そう言っているはず。

お腹に脂肪かついていることは、運的には、強くなるんです。
大切なお腹、
腹筋割れも素晴らしいけれど、
ぽっちゃりお腹で今年は隆盛運を呼んでみては。

今年もよろしくお願い申し上げます。


2020年になりました。
今年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

タロットカードは紙製の消耗品。
使っているうちに手垢がつき、またテーブルにこすられて
どんどん劣化していきます。
今は冬場なので、乾燥して反ってきますし、
梅雨時〜夏場、湿気でカードがくっついて印刷が剥げたりします。

年初にあたり、5種のカードを新調しました。

写真左端はケルト神話タロット。
このカードは、過去に藤沢オフィスに置いてありましたが、
目黒→北千束→学芸大学、の東京オフィスには何故か、置いてありませんでした。
というわけで、久々のお目見えです。
私の設定の中では、「一番強いカード」の分類。
リアリズム伴う、はっきりした絵柄です。

ユニバーサル・ファンタジータロット。
私の設定では「一番はっきり出るカード」。
アメリカの天才ゲームクリエイターがデザインしたこちらのカード、
その絵柄のセンスには天才、の表現以外はありません。
若い(18才〜39才くらい)男性には、非常に良く感応するカードです。

GNOMES tarot
こちらは、私の設定では「ちょっとはっきり」タイプ。
しかしながら、全く侮れないです。
穏やかに、平均的に、しかしもれなく大切な部分は主張してくれる、正にオールマイティー的なタロットです。
絵柄は、童話の挿絵みたいで、とても可愛くて和みます。
気が弱い人、体の具合がいまいちの人にも向いています。

ボッシュタロット。
こちらは、学芸大学オフィスでは1.2を争う人気のタロットカード。
私の設定では、「一番はっきり出るカード」。
独特な、ファンタジーというよりどことなくクレイジーな画面構成で、
とにかく、世俗から無理やり引き離してくれる、稀有なはっきりパワーを持つカードです。

端正な女性の横顔が印象的なカードは
パラディーニのタロット。
私の設定では、「更にはっきり出るカード」。
アメリカの天才クリエイター、パラディーニがデザインしたカードはアクエリアンタロットがベストセラーですが、
こちらはその進化形。
こちらも、アクエリアンと並んでベストセラーになっています。
非常に安定した、バランス感あるリーディングを提供します。

カードも多彩、人も多彩。
今年はどんな出逢いが生じるでしょうか。

2019年仕事納め。

2019年12月28日。
今年の仕事納めです。

クライアントさんであり、友人でもある
ギタリスト・ファルコンさんの新しいCDをBGMに
今年の対面リーディングの仕事を締めくくろうと思います。

ファルコン=ハヤブサ、と思われますでしょ。
ギタリスト・ファルコンさんのファルコン、は
ネバーエンディングストーリーの不思議な龍のファルコン、なんです。
お顔が似ている、という説が(笑)
素晴らしいギタリストですよ、もちろん。

今年もあと僅か。
幸せが皆様方の元に訪れますように。
心から、そのように願います。

シフゾウと聖夜。


こちらは「シフゾウ」ではなく、飼い猫の「あおちゃん」。
ノルウェージャンフォレストキャットの、一歳の女の子。コギャル。
番茶も出花のお年頃。

最近、「シフゾウ」という言葉を知りました。
もともとは、中国で半人半妖を追い払う「神獣」とされた、脚が速い空想上の動物なのですが、
悪夢を食べる神獣「獏」のように、実物も存在するのです。

野生のものはすでに絶滅して、現在はすべて動物園で飼育されています。
体の大きさ
体長約2m、体高約1.2m、体重150〜200kg
えさ
青草(牧乾草)、根菜類
特徴
ひづめはウシに、頭はウマに、角はシカに、体はロバに似ているが、それらのどの動物でもないという説から、四不像(しふぞう)の名がつけられました。昔は中国に多くいたと思われますが、北京の南苑で飼育されていたものが1865年にヨーロッパに紹介されたときには、野生のものは絶滅していたようです。その後イギリスで繁殖させたものが増え、現在では中国の保護区内で野生復帰がすすめられています。

……だそうです。
写真を載せたかったのですが、私の技術ではダウンロード出来ず、
どうぞWikipedia等で画像検索してみてくださいませ。

気付けば、今日はクリスマス・イブ。

年の瀬に吹き出す1年の禍厄からの魑魅魍魎を
「シフゾウ」は駆け回って追い払ってくれるのかしら。
あ、そういえば
サンタの橇を引くトナカイ。
日本にはトナカイが居ないから、実はシフゾウが引いているのかも。

皆さまに素適な聖夜が訪れますように。

不思議なこと(スマホ編)


クライアント様から、名古屋名物を頂きました。
焼き生麩の味噌田楽が好き、と話したら
送って下さいました。恐縮です。
楽しいネーミングのこのお味噌は、
私の今年の大ヒット商品になりました。
名古屋の味噌文化に開眼です。

私事で恐縮ですが、
つい先日、同居の身内が老人介護施設に入所しました。
その症状から、かなり前から特殊な認知症ではと推測してはいたのですが、医師の診断が得られずに逡巡する日々でした。

今後の事を考えて、
いろいろ介護施設を検討しましたが、
経済的問題はやはり大きく、
加えて本人の拒否、認定の度合いなどもあり、
暗礁に乗り上げたような状況でした。

キーパーソンも、施設入所は余り乗り気ではない発言で。
でも、急いだほうが良いはず、
それは私のワガママではないはず。
(私は自分の事はリーディングしないので)
そんな、やるせない気持ちでなんとなく、
スマホでもう一度最初から、
老人介護施設を検索しようとした時。

何も打ち込んでいないのに、
検索バーに文字が表示されていました。
「施設案内 ロイヤル××藤沢」。
え?まだ何も入力していないのに。
今まで、いろいろ検索していたけれど、
本当にたくさんの情報の中でこの施設は
名前が上がってきていなかったのか、見落としていたのか。

不思議に思いながら、でもきっと意味があることと、クリックして検索開始、直ぐに問い合わせメール送信。
すると、今なら一室空きがあり、しかも特別キャンペーン中で、基本料金の割引が適用されるとの事。
その金額ならば、なんとか対応できそう。
直ぐに見学を申し込み、そこからかなり早い期間で手続き完了。

手続き完了してから入所までは3週間、
その間に急激に症状の悪化が生じ、
結果、レビー小体型認知症との診断。
やっぱり。
他にも難しい障害者を抱えているので、
あっちもこっちも、と綱渡り状態で日々を送り
やっと先日、入所が完了。
少しほっとしているところです。

でも、あの時
スマホの検索バーにあの施設の名称が表示されなかったら。
まだまだ探している状態で、更に当人には付き切りをしなければならずに、
私は仕事もお休みしなければならなくなっていたでしょう。

本当に不思議。
買い換えてまだ1年なのに、誤動作が増えて
難儀してはおりますが、
この不思議な誤動作には感謝。
(でも、本当に私のスマホは壊れやすいのです。ほぼ、2年もたない状態。)
文字の誤変換が多いのは、私の粗忽さからですが。

エキゾチック・ロングヘアーのこたちゃんは箱が好き。
可愛い姿に和みます。

応援歌。

先日、スカイマークエアラインズのレア機種、
「ファイターズジェット」に乗りました。
私はプレミア・フライトタグを集めるのが大好きなので、即、購入。
ほれぼれ。久々のプレミア・タグ。

スポーツ音痴の私は、
ファイターズが札幌に拠点を置くプロ野球集団、
くらいしかわからないのですが。

スカイマークは搭乗時、到着時に
ロマンティックなオリジナル・ピアノ曲が流れて
何処となく優雅な雰囲気を醸し出すのですが、
ファイターズジェットでは搭乗時、到着時に
高らかに応援歌が鳴り響きます。
応援歌、というものは改めて聞いてみると、
かなり気分が上がりますね。
本能的に、半強制的に気分の高揚が生じる感じ。
何しろ、足の動きが違う。
膝が上がり、足が勝手に行進を始める。
ざっざっざ。そんな感じでいきおいよく歩いてしまう。
出口で挨拶してくださるキャビンアテンダントさんに対しても、
久しく忘れていた「爽やかな笑顔」で、
「ちぇーーーーす!」と、体育会系挨拶をしたくなる。
すごい、すごいぞ応援歌!
あっという間に人格を変えてしまう、変身マジック。

勢いづいて、北海道神宮へ。

こちらは正門。


本宮。

境内では日本語を使っている人がほぼ、居ない状態でした。
あと2週間ちょっとで新年。
その時は、日本語が溢れる場になるのでしょう。

さあ、今年もラストスパートです。

オーガニック柚子、お分け致します。


小さな段ボールにぎゅうぎゅうになって入り、ご満悦なあおちゃん。
後ろには、先に入っていたのに
追い出されたこたちゃん。


大好きな大好きなはちくんに、なめてもらうあおちゃん。
あおちゃんは、はちくんloveですが、
はちくんは「がさつ」なあおちゃんが苦手。
今日、初めてはちくんに毛繕いしてもらい、
「あお、しあわせー!」

自宅に邪気祓いの為に柚子を植えていますが、
今年もたわわに実りました。
完全なオーガニック。
肥料は自家製腐葉土のみ。
形は小さく、いびつではありますが
良いかおりが楽しめます。

20日以降、学芸大学オフィスに少量ですが
持ち帰り自由で置いておきます。
ご希望の方はどうぞ、お持ち帰りくださいませ。