「運を変える」。

「中に飴ちゃんを入れてあるんです。」
と、大阪からみえた若いクライアントさんがくださいました。
「これからコンサート行くので、そこで知り合った人にあげようと思って。」
なんてお優しい(^^ )
頂いた方はハッピーになりますね。
「鶴」(丹頂)は、日本では吉祥の象徴。
そのモチーフはやはり、「吉」のパワーを持ちます。
「形あるものは意味を成す」、
アミニズムの根本的考え方。

日常の動きの中で、ちょっと流れが変わったほうが良いかなと思った時。
小さなラッキーが欲しいとき。
和的な吉祥(鶴、亀、麒麟、龍、孔雀など)を手にする事で、少しだけ流れを変える事ができます。
でも、大きな動きは自分次第、ですが。
コウモリは西洋では不吉ですが、東洋では吉祥。
黒猫も同様です。カエルも。
蛇は財運に使ってください。

お正月に飾る鏡餅。
これは、もともとお餅は神様が食べるものであり、
それを正月に献上する、という考え方。
和菓子職人さんが技術を凝らしてつきあげたお餅は正に、神様のお食事。
鏡開きの前の日に和菓子職人さんは納めた鏡餅を引き取りに行き、
丁寧に表面の固い部分を取り去り、水分を含ませて再度つきあげ、また納めるそうです。
その、神様からのお下がりをいただくのが鏡開き。
神様のパワーを1年間、得る事が出来るそうです。

神様のパワーが欲しいときには、お餅。
日本人ならではのチャージ方法です。

どうにも本当に運気を変えたい、
少しお金がかかっても構わない!
という場合、実は有効なのが「携帯電話機種変更」。
同機種でも、バージョン変えなくても、違うものに変えてしまえば大丈夫。

携帯電話は、自分自身のデータベースみたいな存在。
それをがらりと変えて、データを整理する事で
「古い自分を新しい自分に更新する」
という動きを起こします。
これは、現代人だからこそ可能な、
かなり手軽な(機種代金はかかりますが)自己変換術。
ただ、やはり大切な相棒だった携帯電話ですから、
別れる時にはありがとう、という思いをどうぞ、忘れずに。

気付けば11月も半ば。
あと一ヶ月半で新年です。
今から出来ることを始めて、新しい年を迎えたいですね。

電話に出んわ。


クライアントさんがバイヤーを務める、某有名T百貨店。
毎年、目玉商品のカシミアカーディガンのラインナップ。(宣伝をしている訳ではないのですが。)
綺麗な発色には目を奪われます。
カシミア、シルクのような天然素材は、
非常に有効な「防御服」になります。
嫋やかな鎧、ですね。
更に、色により意味があったり、
好きな色で癒されたり、と選ぶ色でも効果が違う。

例えば、愛されたい時にはピンク。
愛したい時にはマゼンダ。
強く自分を守りたい時や、腎臓が悪い方は黒。
精神不安定にはバイオレット。
友好関係にはペールブルー。
などなど。綺麗に防御出来るのは嬉しいですね。

防御しようと思っても、一度受けてしまったら
なかなか制御が出来ないのは、電話。
接客中はもちろん、出られないですが
ごめんなさい、ほとんど電話には出んわ、です。
ご了承くださいませ。

電話に出た途端に、
「あー、鶴見さん。私です、先日伺った。
でね、鶴見さん、先日聞いた内容を忘れてしまって。あなた、なんて言ったかしら。」

……すみません、私はリーディングした内容はすぐに忘れる主義なんです。

「じゃあ、今から答えてよ。簡単で良いからさあ。」

……いやいや。何が何だかわかりませんし。
私、貴方のマブダチではないと思いますし。

そんなやり取りが苦手です。
サイトの問い合わせメニューからのお問い合わせにしてくださいませ。

今までで一番、困ったのは某有名一族会社の若き専務。男性。
好きな女性に告白(いや、告白ではなくお前が俺を気に入っているのは解っているから、相手してやるよと言ったそうだ)したら、
ご遠慮しますと断られた、あんた上手くいくと言ったろ?
恥をかかせやがって。謝れ。土下座をしろ。

私は謝らなかった。
間違ったことをリーディングしたとは思わなかったから。
貴方の言い方の問題です、と私は言った。

そのクライアントさんは激昂し、切っても切っても電話を鳴らし続けた。二時間。
私も、二時間、
電話に出て、謝りません。と言い続けた。
二時間が経過した時点で、電源が落ちて電話は切れた。
(その間に家族から緊急の電話があったら困るから、私は敢えて電源を落とせなかった。)

その日から、私は「電話に出んわ。」になりました。
どうぞご了承くださいませ。

私の必需品。

味の素さんから広告依頼を受けたわけでは全く、ありませんが、実はこちらの商品は私の必需品。
「小豆粥」。
自分で作るのはなかなか大変ですが、こちらはレトルトでお手軽です。

何の必需品かと申しましたら、
「障りの日の必需品」。
障り案件に対処(シャーマニズム)する日の朝ごはんはこれです。
障りではなくても、非常に重い案件に対処して帰宅した日の晩御飯もこちら。
なぜなら、小豆粥は強い邪気祓いの効力をもたらすからです。
小豆粥を食べると、邪気の影響を受けにくい。
小豆そのものに邪気祓いの力があるから、ですが
お汁粉や善哉もやはり、効果抜群ではありますが、
小豆粥もかなりのパワー。
お腹にもたれず優しいのも助かります。
軽い邪気ならば小豆粥を1食。すっきり。

小豆粥以外のお粥には、
邪気祓いの効果はあまり、認められないように思っています。
酵素玄米、も同様に邪気祓い効果は高いので、
健康維持プラスアルファで活用しても良いですね。
(作るのは大変ですが)

もう11月。早いですね。
皆様、ご自愛くださいませ。