コロナウイルス感染対策に関しまして


近々の浅草仲見世通り。

コロナウイルスの感染拡大に関しまして、
状況により業務を一時的に休止させて頂く場合がございます。
休止の場合、サイトへの掲示、ブログでのお知らせ、また
ご予約なさっている方々へはメールにてお知らせ申し上げます。
また、経過が長引く場合はzoomなどの利用でのご対応も随時、考慮していく所存です。

皆様のご健康をお祈り申し上げ、感染の縮小を願います。

鶴見拝

「ヒトを救う」ということ。


San-Xの人気キャラクター、「すみっこぐらし」。
ゆるいかわいいキャラクターで人気ですが、
私は中でも「とかげ」が大好きです。
「とかげ」のお母さんはなんと、海竜形!
そして、「宇宙のすみっこで静かに暮らしている」そうで、
背中に小さな白い羽根が付いています。
海竜型ガーディアンドラゴン?
まだ幼いとかげにも、小さな白い羽根。
きれいなペールブルーの世界の、かわいいメルヘン。
和んでおります。
「ほっと、救われるような思い」。

しかしながら、
「人を救う」ということはどういう事をさすのだろう?
今、世界中が救いを求めている中で、
改めて考えてしまいます。
「人は、ヒトを救えるのだろうか」。

もちろん、医療で。
教育で。経済で。信仰で。
「救われているヒト」はたくさんいます。
寄付を受ける事により、救われている場合もあるでしょう。
でも、
「人、という存在はいったい、何を救う」
事が出来るのだろうか。

先日、とても優しいご性格のクライアントさんがみえました。
ご相談なさる事の観点が、優しい。
スピリチュアルな方法での癒しを何年か習っています、
とのお話。
あなたがその技法が好きならば、
それは素晴らしい事ですね。

彼女は質問して良いですか、と切り出して
「私は人を救えるようになりたいのです。
私が習っている方法を指導している師匠は、
あなたにはこの方法がとても向いている。
あなたはこれを使い、多くの人たちを救っていく、
それがあなたの今世での役割であり、
定められた運命である、と言うのです。
でも、何をしたら良いのかわからないのです。」

はい、そうなんですね。
確かに私は様々な事を、的確にリーディングしていく
能力はあります。
でも、「ヒトを救う手法」はリーディング出来ないですし、
その「運命」にあなたが、どう取り組んだら良いのか、も
リーディング出来ないですよ。
なぜって、私がそれをあなたに言ったわけではないから。
「それが私の運命ならば、どうしたら良いのでしょうか?」
と、あなたの師匠に聞くべきです。
一発で指導してくださるはずですよ、何しろ、
そのように貴方の将来を設定したのは師匠、なんですから。
私では無い。
私は言わないですよ。「ヒトを救いなさい」とは。
それがどんなに自己犠牲を伴い、無力を嘆き、
不平等に傷付き、それなのに「強い覚悟」を伴うものだ、という事を知っているから。
これをしたら救われる、なんて押し着せにしか過ぎないです。それが現場。
しかも、自分にはそれが出来るんです、なんて
そんな傍若無人で横柄な事は私は言えないですから。
ですから、リーディング出来ません。
そのような事を言える、あなたの師匠に聞いてくださいね。

優しいクライアントさんは、
そうなんですか?よくわかりません…
師匠に聞いても、自分で考えないとならない、
と仰るのでこちらに来たのですが。
少し目に涙を溜めて困ったご様子。
それでも、私は言う。
でも、ここであなたをリーディングしないことが
本当のあなたにとっての救い、かもしれないですよ。
(だって、あなたはきっと救いを与えようとする事により、自分を壊してしまうから。)

私は他の指導者さんの後指導、ご進言に関しては
一切のリーディングを致しません。
私が救われなくなりますし、
誰も救われなくなりますから。

よろしくお願い申し上げます。

不思議な症例。


キレイかわいいクライアントさんから、
可愛らしいBOXに入ったミニタオルを頂きました。
ありがとうございます!
可愛らしい〜

最近、
大変めずらしい症例の話を聞きました。

患者さんは高齢、80代後半の女性。
前日から吐き気があり、吐瀉を3回ほど。
当日は朝、吐瀉があり色味が茶色であったため、
緊急事態を考慮して地域の大病院へ。

いろいろ検査の結果、症状としては
「胃捻転」。
え。え?
胃の捻転はヒト科動物には生じにくく、
ボルゾイのような華奢な大型犬や、
馬に頻発する疾患だと認識しておりました…

しかもその胃捻転は更に珍しい症例で、
「胃の下部がねじれて上向きに上がり、食道に突き刺さった為、吐血を伴った」。
え、え、え?
胃がねじれたら食道に突き刺さったりする?のですか?
医師の話だと、
やはり普通はそのようなねじれ方はしないし、
内臓が内臓に突き刺さるというのは
あり得ないんですけれどね。
でも、実際にそうだったのだから、
そうだったというわけで。
ああ、??がいっぱい、誰の頭にも。

幸い、経過は順調で
もうすぐ他院出来るそうです。
世の中には、摩訶不思議な事もたくさんあります。

「運命の人」「縁がある人」。


上賀茂神社のシダレザクラ。

恋愛に関するリーディングを、
していて良く聞かれる質問で
「私は運命のひとに逢えますか?」
というものがあります。
「私の運命の人はどこにいて、いつ会えるのでしょうか。」
という質問も多いです。

これらの質問は、
「自分は運命のひと、に会えると当然思っている。」
から生じる質問です、よね。
「結婚するのは運命の人」と、
そのような判断をなさっている。

もちろん、間違いではないです。
でも、リーディングの現場に長年いて感じる事は
「結婚するひとが必ずしも運命のひとではない、」
ということです。
それでは、結婚する人って?
結婚する人とは、「縁がある人」です。
私は、
運命とは遠く何代もの前から引きずってきている、
今生、ヒューマンとして生まれてきた事への「宿題」
と、そのように思います。
言葉を変えると「因果」という「法則」に強く介在する人とひととの結び付き、
それが「運命」ではないかと。

今日、みえた年若き男性クライアントさん、
父親が常連さん。
通常、私は18歳以下の若者のリーディングは致しません。
影響力が強いからで、必ず保護者のご同席を、お願いしております。
はじめまして。
今日は何に関してリーディングをご希望でしょうか。
4月から高校生になる彼は、かなりはにかみながら
「あの。僕は運命の女性にいつ、逢えますか…」

どえええええ。
いきなりの、ある意味、クリティカルヒット的な質問。
いきなり、そうくるかあ。
私は(可哀想とは思いながら)彼に、
「リーディングは出来ますけれど。
あなたね、運命って強くてなかなか、変えられない
しがらみを含む展開性。
それを聞いたら、その内容がどんなに理不尽でも、
そんな事は信じないと言っても取り組んでいくしか無い、
というある意味、約束事なんですよ。
だから例えば、
「運命の女性は35歳年上で経済力が当面ゼロのひと。」
と言われたら、それが運命だと受け入れなくてはならない、
という事ですよ?
若いから大丈夫、逃げます!逃げ足、早いです。
では済まない事もあります。
それでも知り合いパパは、どうぞ見てやって欲しいと。

リーディング開始。おや?
「あなたは前世で、本当に優しかったのですね。
あなたには多分、前世から約束している女子がいます。
14歳ほど下。今生では、その女性を探し淡い記憶の中、再会をよろこんでいくことになるでしょう。」
「ああ、良かった。納得です。とても納得です。」

縁、は期間限定の場合もあったり、
ずっと続くかどうかはわからないし
努力により近さが増したり、遠ざけたりと様々な側面をみせます。
例えば一人のヒトに、
25歳37歳59歳。と3回、結婚運がある人は
場合により何回か離婚結婚を繰り返したり。
縁は何回も訪れたりします。

しかし、運命はまた違うもの。
「運命のヒト」となった、男性は後にずっと
責任という言葉を担ぐ事になります。
認識の上で進むならば、
それもまた大切な、二人だけの運命、なのですね。
毎日が勉強です。

新型コロナウイルスに関しまして。

A man stands in Duomo square, on the third day of an unprecedented lockdown across of all Italy imposed to slow the outbreak of coronavirus, in Milan, Italy, March 12, 2020. REUTERS/Flavio Lo Scalzo – RC2DIF95QI77

新型コロナウイルスの感染に関しましての
(陽性か陰性か)
リーディングは一切、受け付け致しません。
安易にメールで聞いたりなさらないでください。

居住地の行政からの指示に従ってください。
よろしくお願い申し上げます。

湘南江ノ島・児玉神社。

藤沢市の片瀬江ノ島は、日本三大弁天で有名な地。
桟橋から江ノ島に入り、中津宮へと向かう左側、階段脇に鳥居があり、「児玉神社」と看板が出ています。
全くメジャーではないこの神社、
実は日露戦争の大元帥、「児玉源太郎」を祀った
勝負!の神様なのです。

暫く前から大改装中の児玉神社、
普段は見えない内宮がむき出し状態。
今だけ、直接内宮を拝しての御参りが出来ます。
境内には、児玉元帥にゆかりがある台湾から寄進された
独特の狛犬。
口の中に石の玉が入っています。
彫る時に作り込んだのか、謎です。

今日は児玉神社に御礼詣り。
この狛犬さんに願った事が叶ったので、
ありがとうございます、これからもどうぞよろしく、と。
狛犬さんは変わらず、子狛犬をあやしながら
良かったね。良かったよ。
と、言ってくれているようでした。
ありがとうございます。心から。

帰りに見かけた野良猫さん。
児玉神社の護り猫かしら。

鳥居を出る時にカラスがお見送り。
ありがとう。
あら、カラスってこんなにつぶらな目をしていたかしら?

帰り道は足取りも軽く。
良い御参りが出来ると、身体にデトックス現象が起こります。
今回、御参りだけで1キロ減量です(. ❛ ᴗ ❛.)

アレンジメントを頂きました。


優しい色合いの、
素適なアレンジメントを頂きました。
一足早い誕生日プレゼント。
ありがとうございます
心から御礼申し上げます。

再来週には58歳。
おかげさまで無事に過ごしております。
しかしながら、当然ながら若くは無いので
伝えるべきことを伝えていくことも、
していかなくてはと思っています。
それは、知るということを望む人だけに。

今日は寒く冷たい雨。
皆様、どうぞご自愛くださいませ。

「横浜桜」。


横浜公園の「横浜桜」。
青い空とのコントラストが本当に美しい。
横浜桜は、花が濃いピンク色なのが特徴だそうです。

今週の月曜日は、おみえになるクライアントさんの
全員の名字に「石」という字が入っていました。
火曜日は、ふと時計をみると都度、ゾロ目の数字でした。
10:10、11:11、12:12、というように。
水曜日は割と穏やかに過ぎ、
しかし最終クライアントさんから
「車が大渋滞で全く動かない。遅れると思います。」
「申し訳ないですが、遅れても延長は出来ません。」
「もちろん、構いませんよ、ああ早くなんとかしたい!」

意外にそれほど待たせず、クライアントさん登場。
「まあ、早かったですね。」
「それがねえ。なんと、高速降りてからここまで、
ずーーーっと、本当にずーっとよ、信号が青だったの。
あり得ないでしょ。笑っちゃったわ。
私の思いがそれだけ、強かったのね!
自分でもびっくりよ!」

そして、リーディング内容は仕事に関係するシビアなことで、
今日にでも決断采配しないと非常にマズイことになる、
そんなぎりぎり状態。

「うーん。そっかあ。
こんな状況だから、ぶっ飛んでここに来なさい、という事で信号がぶっ続け青だったのか。
予約も、前日キャンセル枠でたまたま、取れたしね。
うーん。スゴイな私の思い。思念の強さ。」

はい、仰る通りです。
でも、お言葉を返すようですが
ヒトの思いだけでは、信号全部青、になったりしないです。
何かもっと、
ヒトがどうこう、ではない力が動いているのだと思います。
それは、この仕事が
非常に公共性があり、苦しんでいる人々の役にたつから。
だから、そういう力が働くのだと思います。

スゴイ、という蔭には
何か見えない力が動いている時はあると思います。
あなたは確かに素晴らしい。
と同時に、見えない力が自分の運、みたいな
ショートカットな考えをしないで頂けましたら。

でも、そうですね
季節はもう春ですね。
変化の春になりますね。

春爛漫。


一昨日は冷たい雨、凍える寒さだったけれど、
今日は春爛漫の陽気。
クライアントさんから、珍しいキャンディーをいだきましたた。
ありがとうございます(◔‿◔)
元気が出そう。
毒は吐きません。

今日は東日本大震災から九年目。
命を落とされた多数の人々に、心から合掌。

コロナウイルスの影響で
いろいろと社会のネジが狂ってきています。
学芸大学オフィスも、
ドタキャンが出たり、キャンセル枠に入れ食い状態に予約が入ったり。
少し落ち着かない要素はありながら、
でも毎日
藤沢の海辺からなんとか、通っています。

予期せぬ状況を抱えて、
どうしよう、というご相談も多いですが、
私はクライアントさんのお気持ちに沿い、
心を察しました上でリーディングを展開しますが
決してすべてのかたがたの「まぶダチ」ではございませんので、
そのあたりはご了承頂けましたらと存じます。

愚痴、はリーディング出来ませんから。
状況の経緯としてお話は伺いますが。

よろしくお願い申し上げます。

マスク。


クライアントさんから手作りマスクを頂きました。
柔らかいコットン製。
ありがとうございます。
「メガネが全く曇らないほど、
通気性抜群で肌触りも良くて、だからまあスカスカなの。
毎日、じゃぶじゃぶ洗って使ってくださいね。」
そ、そうですか。ありがとうございます!
ガーゼを重ねて使おうと思います。

今日は
北海道で旅客運輸業を営むNPOスタッフから
メールが来ました。

貸し切りバスは全てキャンセル、
タクシー業は、不要不急の外出は控えてください。との事で売上が激減していますが、何とかぎりぎり、やっております。
先が見えない不安がありますが、
来月にお会い出来ましたら嬉しいです。
遠く、北国から皆様のご無事を祈っております。

メールをありがとうございます。
頑張って、頑張って、頑張って。
みんなみんな、頑張って。