「運を変える」。

「中に飴ちゃんを入れてあるんです。」
と、大阪からみえた若いクライアントさんがくださいました。
「これからコンサート行くので、そこで知り合った人にあげようと思って。」
なんてお優しい(^^ )
頂いた方はハッピーになりますね。
「鶴」(丹頂)は、日本では吉祥の象徴。
そのモチーフはやはり、「吉」のパワーを持ちます。
「形あるものは意味を成す」、
アミニズムの根本的考え方。

日常の動きの中で、ちょっと流れが変わったほうが良いかなと思った時。
小さなラッキーが欲しいとき。
和的な吉祥(鶴、亀、麒麟、龍、孔雀など)を手にする事で、少しだけ流れを変える事ができます。
でも、大きな動きは自分次第、ですが。
コウモリは西洋では不吉ですが、東洋では吉祥。
黒猫も同様です。カエルも。
蛇は財運に使ってください。

お正月に飾る鏡餅。
これは、もともとお餅は神様が食べるものであり、
それを正月に献上する、という考え方。
和菓子職人さんが技術を凝らしてつきあげたお餅は正に、神様のお食事。
鏡開きの前の日に和菓子職人さんは納めた鏡餅を引き取りに行き、
丁寧に表面の固い部分を取り去り、水分を含ませて再度つきあげ、また納めるそうです。
その、神様からのお下がりをいただくのが鏡開き。
神様のパワーを1年間、得る事が出来るそうです。

神様のパワーが欲しいときには、お餅。
日本人ならではのチャージ方法です。

どうにも本当に運気を変えたい、
少しお金がかかっても構わない!
という場合、実は有効なのが「携帯電話機種変更」。
同機種でも、バージョン変えなくても、違うものに変えてしまえば大丈夫。

携帯電話は、自分自身のデータベースみたいな存在。
それをがらりと変えて、データを整理する事で
「古い自分を新しい自分に更新する」
という動きを起こします。
これは、現代人だからこそ可能な、
かなり手軽な(機種代金はかかりますが)自己変換術。
ただ、やはり大切な相棒だった携帯電話ですから、
別れる時にはありがとう、という思いをどうぞ、忘れずに。

気付けば11月も半ば。
あと一ヶ月半で新年です。
今から出来ることを始めて、新しい年を迎えたいですね。

電話に出んわ。


クライアントさんがバイヤーを務める、某有名T百貨店。
毎年、目玉商品のカシミアカーディガンのラインナップ。(宣伝をしている訳ではないのですが。)
綺麗な発色には目を奪われます。
カシミア、シルクのような天然素材は、
非常に有効な「防御服」になります。
嫋やかな鎧、ですね。
更に、色により意味があったり、
好きな色で癒されたり、と選ぶ色でも効果が違う。

例えば、愛されたい時にはピンク。
愛したい時にはマゼンダ。
強く自分を守りたい時や、腎臓が悪い方は黒。
精神不安定にはバイオレット。
友好関係にはペールブルー。
などなど。綺麗に防御出来るのは嬉しいですね。

防御しようと思っても、一度受けてしまったら
なかなか制御が出来ないのは、電話。
接客中はもちろん、出られないですが
ごめんなさい、ほとんど電話には出んわ、です。
ご了承くださいませ。

電話に出た途端に、
「あー、鶴見さん。私です、先日伺った。
でね、鶴見さん、先日聞いた内容を忘れてしまって。あなた、なんて言ったかしら。」

……すみません、私はリーディングした内容はすぐに忘れる主義なんです。

「じゃあ、今から答えてよ。簡単で良いからさあ。」

……いやいや。何が何だかわかりませんし。
私、貴方のマブダチではないと思いますし。

そんなやり取りが苦手です。
サイトの問い合わせメニューからのお問い合わせにしてくださいませ。

今までで一番、困ったのは某有名一族会社の若き専務。男性。
好きな女性に告白(いや、告白ではなくお前が俺を気に入っているのは解っているから、相手してやるよと言ったそうだ)したら、
ご遠慮しますと断られた、あんた上手くいくと言ったろ?
恥をかかせやがって。謝れ。土下座をしろ。

私は謝らなかった。
間違ったことをリーディングしたとは思わなかったから。
貴方の言い方の問題です、と私は言った。

そのクライアントさんは激昂し、切っても切っても電話を鳴らし続けた。二時間。
私も、二時間、
電話に出て、謝りません。と言い続けた。
二時間が経過した時点で、電源が落ちて電話は切れた。
(その間に家族から緊急の電話があったら困るから、私は敢えて電源を落とせなかった。)

その日から、私は「電話に出んわ。」になりました。
どうぞご了承くださいませ。

私の必需品。

味の素さんから広告依頼を受けたわけでは全く、ありませんが、実はこちらの商品は私の必需品。
「小豆粥」。
自分で作るのはなかなか大変ですが、こちらはレトルトでお手軽です。

何の必需品かと申しましたら、
「障りの日の必需品」。
障り案件に対処(シャーマニズム)する日の朝ごはんはこれです。
障りではなくても、非常に重い案件に対処して帰宅した日の晩御飯もこちら。
なぜなら、小豆粥は強い邪気祓いの効力をもたらすからです。
小豆粥を食べると、邪気の影響を受けにくい。
小豆そのものに邪気祓いの力があるから、ですが
お汁粉や善哉もやはり、効果抜群ではありますが、
小豆粥もかなりのパワー。
お腹にもたれず優しいのも助かります。
軽い邪気ならば小豆粥を1食。すっきり。

小豆粥以外のお粥には、
邪気祓いの効果はあまり、認められないように思っています。
酵素玄米、も同様に邪気祓い効果は高いので、
健康維持プラスアルファで活用しても良いですね。
(作るのは大変ですが)

もう11月。早いですね。
皆様、ご自愛くださいませ。

ハロウィーン。

今日はハロウィン🎃。
本来はケルト発祥の収穫祭。
この日は収穫祭でもあるけれど魔物が横行する日でもあって、それで魔物から護る為の装束をした、という経緯があるらしいですが
今は「地獄の釜の蓋が開く日」となったような。

写真はハロウィンタロット。
不思議なカードで、9月に入らないと動いてくれません。
何をリーディングしても「どーでもいーじゃん。」
みたいにしか、出ない。
カードからヤル気の無さがひしひし、と伝わってくる感じ。
しかしながら、9月に入るとヤル気を出し始め、
その的中率たるや凄まじいほど。
10月に入るとそれはピークに達し、ハロウィンを過ぎると少しずつヤル気が無くなっていき、早い冬眠に入ってしまいます。
何をリーディングしても全く結果が出なくなってしまい、また春先くらいから少しずつ、どーでもいーじゃんくらいに戻ってきます。
短期集中タイプ。
数あるタロットカードの中でも、これだけでしょう。

実は今年は、このハロウィンタロットを一度も発動しませんでした。
可愛く明るい、Popな絵柄も好きなのですが。
少しだけ含まれる、小悪魔的な要素を扱うのを避けたのかもしれません。

来年は、使おうかな。

来年はビジネス専門のリーディングを
今までとは全く別設定で実施していく予定でおります。
一般リーディングは変わりません。

経営者に特化した、「成る為のリーディング」。
決まり次第、告知して参ります。

雪虫が飛び始め。


雪国の叙情詩、雪虫。
雪国に雪が降り始める前に必ず飛ぶ、とても小さな虫。
お尻に綿毛のような、白いふわふわを付けてふわふわと飛ぶ。
雪虫が居なくなると、不思議なほど雪が降り出す。

日暮れが早い北国の夕刻、飛び交う小さな白い雪虫が見えるでしょうか。

そして、日が落ちると街灯が無い平原は真っ暗。

画面右手に微かに光って見えるのは宵の明星。
(左端は遠い民家の灯り。)
暗闇の深さは全ての音も感情も吸い込むような。

ほんとうにちっぽけな雪虫は、
それでも必死に飛び交い、しかし思考はあるのかしら。
小さな小さな命は、世代を繋ぐ事のみに生まれてくるのかしら。

今年の北海道は紅葉が素晴らしく。
でも確かに冬は近付いていて。

素晴らしいモミジ


北海道大学銀杏並木。


定山渓の山々。

美しい。
でも、今年は自然災害が多く。
美しいと感じられる事は、
それが美しいのだと考えたり。

儚い雪虫たちに想いを馳せて。

ありがとうございます!

クライアントさんに頂きました。
「セクシー大根抱き枕(ミニ)」。
ハマりました(笑)

ありがとうございます。
大切に使わせて頂きます。

あおちゃん、1歳になりました。


ノルウェージャンクフォレストキャットの女の子、
「あおちゃん」。
おかげさまで、本日無事に1歳になりました。

人間に換算したら17才、
番茶も出花のお年頃。

相変わらず呼吸トラブルはあるものの、
無事に1歳になり少しほっとしています。
来月、こたちゃんが1歳に。

シャルトリューのちゅーちゃんが
虹の橋を渡って行って、そろそろ1年が経とうとしています。

がんも
つくね
ちくわ
はんぺん
うるうる
ごまちゃん
むぎちゃん
みけちゃん
ぽっぽ
いかちゃん
ムック
ガチャピン
モカ
タヌキちゃん
こんちゃん
ブル
うみぼちゃん
おじょうさま
こぶ
ねぎま
たま
まるぞー
ちゅーちゃん
おちびちゃん
おてる

我が家から虹の橋を渡っていった
可愛い可愛い子たち。
どうぞ皆、虹の向こうで幸せに。
今、生きて居る子たちは
一日でも長く、一緒に居られますように。

「家」の話。

飛騨高山で作られたネズミの布人形を頂きました。
来年の干支なので、オフィス神棚に飾らせて頂きました。
上賀茂神社の八咫烏と、飛騨高山のネズミと、猿田彦神社の熊手と、クライアントさん練香師さんが調製したお香と。
賑やかな神棚です。

今日、みえた長いお付き合いのクライアントさん。
中古の一軒家を購入なさって、ご家族さまたちと平和にお暮らし。
でも、何故か引越て来てから、
家から出掛けたくなくなってしまった。
外出しても、早く家に帰らなくては、と焦って慌ただしく帰る事になる。
とにかく家に居たい。これって何なのかしら?

しかもね、一日に一回くらいなんだけど。
玄関ドアがバーン!と開いて、
家族が順繰りに帰ってくる音と気配がするんだけど。
でも、見ると誰もいない。
階段を上がる音などもしているのよ。
何だろう、怖いものだと困るのだけど。

ああ、そういう事って意外と良くありますよね。
私の父は転勤族の社宅住まいでしたが、
関西に転勤して入った社宅が、同様でしたよ。
激しくドアが開く音がして、階段もきしんで、
でも誰もいない。
私は二階で昼寝していたら、耳元で
「こいつ誰だよ、何だよ、どうして人間がここに入って来られるんだよ。」
という奇妙な声を聞いた事もあるし、
また別の社宅では、真夜中に寝ていたら掛け布団を剥がれて殴られて、アザが出来た事がありました。
私意外は、誰も居なかったのに。
そんな場合もありますから、
とりあえず、そのドアを開けて入ってくる「もの」が
怖いものかどうか、リーディングしてみますね。

あ、これは大丈夫。
座敷わらしみたいな存在ですね。
妖精なのか妖怪なのか神なのか仏なのか。
この家を護る為の何か、存在です。
素晴らしい、良かったですね!

クライアントさんのリーディングを進めてみたら、
成人病予備軍、いや既に発症して治療中。
幼子を抱えながら、それでも理由あり、
パートに出るべきか悩んでいらして。
「それできっと座敷わらしが、体調無茶しちゃいけないんだから仕事はまだするな、と言いに来たんですよ~」

そう、怖がる必要は無くても軽く見てはならない、
「家」には摩訶不思議な事が起きる場合も少なくない、
ケースバイケースで、
だから住まえると言う、当たり前の事を大切にしていけると良いですね。

皆様のご自宅や職場は、いかがでしょうか。