ミトコンドリア・イブ。


江の島、岩屋そばの「亀石」。
誰を乗せて、どこに泳ぎだしていくのかしら。

生物学の本を読んでいて、
「ミトコンドリア・イブ」という名前にぶつかった。
以下はWikipediaからの抜粋。

ミトコンドリア・イブ(Mitochondrial Eve)とは、人類の進化に関する学説において、現生人類の最も近い共通女系祖先(the matrilineal most recent common ancestor)に対し名付けられた愛称。約16±4万年前にアフリカに生存していたと推定され、アフリカ単一起源説を支持する有力な証拠の一つである。

ミトコンドリアは女性からしか伝わらないため、男性は自分のミトコンドリアDNAを後世に残すことができない。また、女性は自分が産んだすべての子にミトコンドリアDNAを伝えるが、その子らがすべて男性だった場合、彼女のミトコンドリアDNAは孫に受け継がれずに途切れる。もし子に女性がいても、娘が産んだ孫に女性がいなければ、やはりその家系のミトコンドリアDNAは廃れる。つまりある個人のミトコンドリアDNAが子孫に伝わるためには、その間のすべての世代に少なくとも1人は女性が産まれなければならない。

ここで人類のある任意の世代の集団を考えよう。その時の構成員を、ミトコンドリアDNAについてそれぞれがバラバラの家系に属すると仮定する[3]。ここで偶然、ある家系の子孫が男性だけになったとすると、その家系のミトコンドリアDNAはやがて廃れる。逆に、女性が多数産まれた場合、より多くミトコンドリアDNAを残すこととなる。話を単純にするために、仮に人類の総人口が常に安定しているとすると、平均的には各男女から男女ひとりずつが生まれる(生き残り、次の世代を残す)ことになる。しかし実際に一組の夫婦が持つ子供の数は「男女ひとりずつ」を中心に、男性ばかり、女性ばかり、あるいは多数の子供を残す、子供を全く残さない、というようにばらつきを持って分布することになる。これを人類全体として確率論的に捉えるならば、ミトコンドリアDNAの系統は常に減っていくことになる。これを繰り返すと、いずれかの世代では、ミトコンドリアDNAの系統がある時代(ここでは、上に挙げた任意の世代)のひとつの系統に遡ることになる。この時点で、この系統以外の女性のミトコンドリアDNAにたどることは不可能となるが、それ以外の核DNAに関してはこの限りではない。

つまり、現在の人類の母親をどんどんたどっていくと、ある特定の型をもつ女性にたどりつく。同時代には違う型をもつ女性が他にもたくさんいたはずだが、家系図の母系だけをたどるのではなく、母系をたどりつつたまに父系をたどる、のような遡り方をすれば彼女達にたどりつくこともできる。すなわち、その時代のたった一人の女性から「過去から現在に至るまでの歴史上の全ての人類」が生まれたというわけではないのである。

…つまり、
ミトコンドリアDNAという
女性にのみ受け継がれていくDNA、がある。
これを解析していく事により、ヒトの資質までつまびらかになってしまうけど、家系などの証明にはなる。
これを読んで、
以前にもこのブログで書いた覚えはあるけれど、
「おんな紋」を思い出した。

女紋は女性が代々、伝えていく家紋で
嫁ぎ先がどんな家紋を抱えていても、
冠婚葬祭の時には、女紋を染め抜いた紋付きを着る。
私の女紋は「抱き茗荷」である。
(ちなみに、男性家紋は継承はしていくが、気に入らない文様であれば、自分が当代当主であるうちに家紋をすげ変える事は可能になる。例えば、鬼首に流水紋、がイヤで波に千鳥紋に変えたい、と思ったら変えてしまって構わない。)

女文様で、むかしはキツネ憑きの家系か
そうではないか、を判断していた。
そして、キツネ憑きではない家系である証拠の女紋を
むすめに、またそのむすめに、と受け継いでいく。
むすめが産まれなかった場合は、
そこで女紋は途絶える。ミトコンドリアDNAのように。

誰もミトコンドリアとか、DNA等を知らない時代に、
何かを予感して言い伝えを形成していく
ヒトの知恵はまた、DNAの伝える情報なのかしら。
とても興味深く、不思議に思う。

女性であれば誰でも、ミトコンドリア・イブになれる可能性があるという。
ひょっとしたら、貴女もミトコンドリア・イブかもしれない。
その場合、貴女のお母さん、お祖母さんもミトコンドリア・イブであり、
貴女はむすめを産み、そのむすめもまたむすめを産んでいき、ミトコンドリア・イブとなる。

この先、人類が何十万年、何百万年も生き延びていくならば、
その未来からみたら貴女はひょっとしたら、
ミトコンドリア・イブ、
と言われるのかもしれません。

こんな時代。


2015年にフクロウカフェに行った時の写真。
私の携帯は、時折、古い写真を発掘するという、
頼んではいないけれどなかなかオツな事をする。
もう5年も経ったなんて。
若いときは1年、1年が長く感じたのに。
今年も、もう半分過ぎてしまいました。

先日、小児科ドクターをリーディングして、
コロナウィルスに関する話もやはり出る。
「これからは唾液で陽性検査も出来るようになるので、
行政指定機関だけではなく、
一般クリニックも検査に参加する事になる予定で。」

……それは大変お疲れ様です。
一般市民にとっては、頼もしく安心出来ることですが、
ドクターはとても大変ですよね。

「感染のリスクはやはり、ありますからね。
今年はインフルエンザの検査はしない方向性なんですよ。
検査で飛沫が生じるので。
コロナウィルス対策で、インフルエンザ検査が出来ない。」

……そうなんですね。

「でも、ウィルスとは何か一種類が流行ってしまうと、
何故か他のウィルスが蔓延しないそうなんですよ。
ちなみに、今年はインフルエンザは激減でした。」

……なんともいえない感じですね。

「で、行政からの合図のラッパが鳴れば、
一般クリニックで陽性判定検査は実行していける、はず。」

……素晴らしい、いろいろ難儀な状態なのに。
尊い事でございます。

「なんですけどねー。ふう。
クリニックスタッフが戦々恐々で、
絶対にうちではやってるとは言わないで。
検査希望の患者さん来たら、本当に困ります。
先生が決めたのだから、検査は先生一人でやってください。
私たちは関わりません。やりません。
と、言うのですよ。」

それはなんとも手厳しい……
スタッフさん、持っている資格によってもまた
意見は様々だとは思いますが。

「権利、ではあると思いますが。
やりません。イヤです。
そう言えちゃう人、増えてきていますね。
うちは小児科だから、基本的に診察代を請求しません、
行政が負担するのですね。
そのせいか、親御さんたち、最強です。
私たちが医者を選ぶ時代なのよ。
こちらの特化したサービスは、何?
ここ、Wi-Fi入っている?
と、いきなり言われたりするんです。
お金、払わないと特権意識を持ってえらくなってしまうのかなあ。」

(・o・;) ……

何かどこかがズレている。
それは、私が歳を取ってきているから、
自分の中の価値観と
世間との時間軸のズレが生じてしまうのかしら。
権利、という概念が実は
わだかまり的な禍を呼んでいくから、なのかしら。
いや、わからない。

そこには多分、
足りる、という概念が欠落してきている。
でも実は足りない、のではなくて
満たされるべきという、渇望で支配されているからでは、
そう思う。
そして、求めるだけではなくて
満ちるとは、と問うてみるのも必要ではないかしら。
こんな時代だから。そうなってしまったのだから。

デニソワ人。


江ノ島、第二岩屋洞窟の「主」。
流れる音声がゴジラと似ていると思うのは、
私だけだろうか。
(龍って怪獣なのだろうか…)

免疫力が気になる時代になりました。
免疫力が強ければ良いのに!
いえいえ実はあなたは、本当は免疫力が
かなーり高いかもしれません。
このような発表を見つけました。

適応力が高い免疫システムが備わっている人は、「デニソワ人」と呼ばれる絶滅した初期人類から遺伝子を受け継いでいる可能性があると、オーストラリアのガルバン医学研究所で移植免疫研究室を率いるShane Grey氏らが「Nature Immunology」9月18日オンライン版に発表した。

ネアンデルタール人と近縁関係にある旧人のデニソワ人は、現生人類の祖先が、約5万年前にアフリカを出てパプアニューギニアやオーストラリアに移動した際に交雑したとみられている。
今回発見された「I207L」と呼ばれる遺伝子の突然変異は、シドニー出身の家系やメラネシア人、マオリ族、ポリネシア人などの先住民の家系でよくみられるものだという。「一般にまれな遺伝子型が一部の集団で頻度が高く、ポジティブな遺伝的特徴を示すという事実は、そのことがヒトの健康に有益であることを意味する」とGrey氏は説明している。

これは2019年10月6日の記事。
旧人類に関して調べてみると、知らなかった事が満載で
かなり興味深いです。

しかし、免疫力が高い種族がなぜ、絶滅したかまでは調べていません。

アジアで多種に進化しかけながら、絶滅していった
たくさんの種族。
遠い遠い時間の狭間で、何が起きていたか。
それでも私たちは、今という時間を、生きていく。

朝の出来事。

朝は、目覚ましが鳴る前に
猫のあおちゃんによる顔面かぶさりで起こされる。
「かあちゃん。おなかすいた。」
耳元で鳴り響く、大音響のゴロゴロ音。
かわいい。

だいたい、予定より早く起こされて
猫たちにご飯をあげて猫トイレを掃除して。
家の前を掃いて。
そうこうしている間に、家族は次々に出勤していく。

「ボクの肌着が見当たらないけれど。」
主人に言われる。
「引き出しに入って…」
「いないから聞いているわけで。」
はい、そうですよね。
息子のシャツと混同してしまったかもしれません。
誠に失礼致しました、
すみませんが、わかりやすいようにご自分の肌着には
目印を付けて頂けませんか?
名前を書くとか。
そうして頂けましたら間違えません。助かります。

次の日、
息子のシャツの背中上にはマジックで「兄」、
主人の肌着(夏用)のすそにはマジックで
「お父サマー」
と書かれてあった。うーん(+_+)

ご馳走さまです。


クライアントさんから
銀座・空也の最中を頂きました。

もぐもぐもぐ。
もぐもぐもぐもぐ。
もぐもぐもぐもぐもぐもぐ。

まずい、一人で一気に食べてしまいそう。
しかも夜の12時過ぎに……

(((;ꏿ_ꏿ;)))

恋か執着か。

とても美しい、青一色のアサガオ。
「ノアサガオ」、琉球アサガオとも言うそうで、
「オーシャンブルー」という素敵な別名もあります。
強健な植物で、十数メートルもつるを伸ばし、
11月まで房状に咲き続けるそうです。
その強さと、インパクトある深い青が
凛として、呼応しているような。

お顔立ちが綺麗、もしくは可愛らしくて
スタイルも充分に素敵、女性らしい曲線。
ファッションにもこだわりがあり、
華やかな雰囲気なのに、
「私、男運が無いのでしょうか。
余り恋愛がうまくいったコトがなくて。」
と仰るクライアントさんは少なくないです。

男運、女運という言葉を聞くたびに、
対人運、というのとはニュアンスがやはり違うとは思いつつ
そういう「運」とは、果たして本当に存在するのかしら、
と思ってしまいます。
それは運、というより
その人の「執着」が起因している状況、ではないかしら、と。

とてもキレイかわいいクライアントさんがいて。
まだ若く、魅力的なのでモテる。ナンパもされる。
熱心に、挫ける事なく口説き続けた人と
とりあえずお付き合いしようかという話になる。でも
割と早々にやはり、お付き合いしたくない、と断る。
つまらないヒトだった。私、男運無いのかしら。
とため息をつく。

ムゲにフラレる形になった元カレはしばらくは苦しみ、嘆き、
でもそのうちに仕方ない、他の女性とお付き合いしよう、
となる。
そして、元カレに新しい彼女さんが出来る。
そのうちに、
風の噂に、フッた彼に新しい彼女さんが出来たと聞いた
キレイかわいい彼女は、
自分がフッた相手に猛烈アタックを開始する。
一日に何回も
LINEやメールなど、いろいろな手段で
新しい彼女は良くない人、だから彼女とは別れて
私とまた付き合えば良いじゃない?と口説く。口説く。

でも、
元カレは新しい彼女さんに悪いから、と拒否する。
それでも彼女は元カレにLINEする。
良く考えて。
私が戻ると言っているのよ。また付き合えるのよ。

え?
お話を聞いていて、すみません、
私、何が何だかわかりません。
元カレとまた、お付き合いしたいのですか?

いえ、そういうわけじゃあ無いの。
なんだか許せないの、
私の事を一番誰よりも好きだと言っていたのに。
もう新しい彼女さんを作るなんて。
だから、もう一度振り向かせて、
そしたら今度こそ、徹底的にフルの。
立ち直れないくらい。
それが、私を傷付けた代償。

…何が彼女を、ここまで、 
執着に向かわせているのだろうか。
彼女の記憶は、どこですり替えられているのだろうか。

その後も彼女は何回も元カレにアプローチしたけれど
遂に元カレにブロックされる。
男運が悪い、と嘆く彼女は
どんどん暗い顔付きになっていく。
身体も不調になり、寝込んだりする。

思い通りに行かないことが
プライドを傷付けるのか、暴走する強さが
自らの運を破壊していくのに。

男運、女運。
何年この仕事をしていても、私にはわからない。
そのようなコトバをあまり、使いたくは無い。

今年の夏至は父の日。


とてもキレイな、ガラス細工のウサギさん。
これはじつは、今日みえたクライアントさんの
早逝なさった「ご主人」。
彼女は外出時にはいつも、このウサギさんを連れて出て、
一緒に見聞しています。
私も、テーブルの上のウサギさんにご挨拶。
「パパ、いらっしゃいませ。」

日本では、夏至の日は余り行事が無いけれど
西欧でも特にこれ、という夏至の祭りは無いけれど、
西欧圏では、夏至は異界のトビラが開いて
会いたい存在に年に一度だけ、会える日。
七夕ではないんですね。夏至。
今年は夏至が父の日に重なります。

あ、ハロウィンは異界のトビラが開くのではなくて、
地獄の窯のフタが開く日です。
それは本当に、大違いなんです。

ウサギのパパは、夏至の日に彼女に、ご家族に
会いにみえるかしら。

マイつり革。


クライアントさんから頂きました。
マイつり革。ありがとうございます!

なかなか便利です。
使っている路線、
東海道線、東急東横線は揺れるタイプ。つり革必須。

つり革に掴まると、何故か眠くなります。
つり革からは、睡眠誘導物質が放射されているのかも。

空に泳ぐや。


早いもので、もう5月も終わろうとしています。

今朝、湘南海岸で。
パラグライダーが鯉のぼりを引き連れて。
宮崎駿監督のアニメの一シーンみたい。
五月晴れの中、空に泳ぐや。