大宮、「あうんマルシェ」さん。


上高地、梓川。
透明度が高く、美しい流れながら、男性的な川。
紅葉が色付いています。

海外、特に欧州では東洋医学など、東洋の知識に非常に関心が持たれ、深く研究されています。
日本に於いて、東洋医学は認知度は高いですが、
その根本的な知識に関しては、余り追求されていないように思えます。

その、東洋知識を医学を軸とし、最新鋭コンピュータのデータ分析能力と、柔軟性ある発想のプログラミングで、
ロシア航空局が宇宙飛行士の体調管理の為に開発した機械があります。
「メタトロン」。ユダヤ教の大天使と同じ名前。
電磁波を使い、簡単に様々な測定が出来ます。
この、メタトロンは仕事で訪れた欧州にて、非常に高く評価され、活用されているのを目にしてきました。
日本には導入されて無いのかな、と思っていたら
以前から扱われていたそうです。
しかし、メタトロンで出たデータに呼応させて、
サプリメント等を薦め過ぎる扱い者があちこちに出始め、
メタトロン自体の信用度が低くなっている、と聞きました。

それは残念な話だ、と思っていたところ、
埼玉県、大宮駅そばの自然派グッズセレクトショップ、
「あうんマルシェ」さんで
導入なさったと聞き、受けに行って参りました。

店長さんの中村さんは勉強熱心、
医療行為に被らないようにデータをリーディングし、
伝えてくださいます。
チャクラの状態、経絡の状態、内臓のスキャンと
必要な食品、意外と合わない食品などもアドバイス。
私はやはりやはり、の甘いもの摂り過ぎだそうで、
玄米とコーヒーが合わないとか。
コーヒーより緑茶、玄米より雑穀米が良いそうです。
内臓スキャンはあくまでも参考程度に、ではありますが
なかなかリアルな解析が出て、非常に納得。

「人間の身体は、目に見えない膨大なデータにて構成されている」
という事を実感し、自分を非常に客観的に分析できる体験でした。

メタトロンを扱っているサロン等、たくさんありますが
あうんマルシェの中村店長は安心度高く思います。

「お金が何より好き!」な人へ。

こちらの少し不思議な仏像。
こちらにおわすは、「宇賀弁財天」でおいでになります。
弁財天の頭頂をご覧ください。
あれ?何かしら、乗っている。鳥居もある?
こちらに乗っているのが「宇賀神」。
ヘビの身体に翁の顔、という異形の神。
この神様が弁財天さまの頭部に鎮座したものが、
「宇賀弁財天」、超強力な「お金の神様」です。
こちらの像は、上野は不忍池の弁天堂に鎮座なさいます。
すぐに金運が欲しい人は、今からお詣りにダッシュ!
もちろん、敬虔な気持ちではないと、効果は得られませんが。

はっぴ弁財天さまは、宇賀弁財天であるケースが多いです。
江ノ島には、有名な裸弁財天さまと、
八臂弁財天さま、両方おわします。

上野、不忍池弁財天は
蓮の花に囲まれておいでです。
パワースポットとして、密かに有名なんですよ。
金運アップ情報でした!

マスク。


♪日曜日は市場に出掛け〜
と始まる一週間の歌。

私は一日に、このくらいの量のマスクを使います。
接客中は、ガーゼもしくは絹マスク。
お一人様毎に取り替えます。
くしゃみが出たら取り替え、連発する時は不織布マスク。
電車通勤時も、不織布マスク。

♪クライアント様よ、これが私の
一日のマスク使いです〜♪
♪テュラテュラテュラテュラテュラテュララ〜
テュラテュラテュララ、テュ〜ラ〜♪

「うつ病」について。


雲が秋の雲になりました。
はや、10月もラストスパートに入りました。
朝晩、冷えますね。

15年ぶりにお会いした、年長のクライアントさん。
「最近、不安で不安で仕方なくて、
動悸もするし胸が苦しくなり痛いけれど、
病院で検査しても何も悪くないしく、
それでも何やら不安で…」

そうですね。
あの、嫌な気持ちになってしまうかもしれませんが、
症状的にはどうも、軽い鬱のような…

まあ、それならかかりつけの整体師さんに治してもらいます。
何でも治せるんですよ、その整体師さん。

うーんうーんうーん(+_+)
私な医者ではないので、診断したりは出来ないのですが。
うつ病、は心の病と言われ認知は広がってきましたが、
実は脳の疾患であるとわかってきました。
↓ 
『うつ病』は「脳の病」です。
「気持ち」の問題ではなく、(ストレスなどによって)「体(脳)」が変化しているために起こる病気です。

まず、脳のシステムについて説明します。人間の脳は非常に多くの脳細胞からできてます。そして、脳内での脳細胞から脳細胞への情報(命令や指令)は『神経伝達物質』という「脳細胞の『指令書』」によって、細胞から細胞に情報を伝えるシステムになっています。
うつ病は、脳内の神経伝達物質の減少によって、引き起こされると考えられています。この減少によって、『情報量』が減り、「感情(こころ)」「行動(からだ)」といった活動がスムーズに行えなくなることでさまざまな症状が表れると考えられます。
うつ病は、脳内の『脳由来神経栄養因子(BDNF)(脳細胞の栄養)』の減少によって、引き起こされるとも考えられています。この栄養の減少によって、脳細胞が小さくなり(萎縮し)、伝えるべき『情報量』が減り、情報をスムーズに伝えることができなくなると考えられます。

整体師さんには、微妙な身体の歪みを治していただきながら
心療内科を受診して行かれてみてくださいませ。

ありがとうございます!


革で出来たハンドメイドのストラップ。
ペキニーズモチーフで、「とのちゃん」と名前入り。
クライアントさんがくださいました、
ありがとうございます!
愛犬を喪われて、
まだ哀しみが癒えていないクライアントさん。
大丈夫、「ゆずちゃん」はいつもご一緒にいますよ。

先日、所用があり箱根に。

足元でぷひ、ぶひ、ぶひと不思議な音がするので見たら、
まあなんとウリ坊!
(いの)シシ神さまの赤ちゃん。
山の陰の神はヘビ、陽の神はイノシシ。
親イノシシは流石に怖いので、そばにいたら大変。
そーっとそーっとそばを離れました。

至近距離での遭遇、ウリ坊もちょっと固まっていました。
山の神々に、秋の感謝を。

お誕生日。


ノルウェージャンフォレストキャットの女の子、あおちゃん。
お陰様で2歳になりました。
長女からあおちゃんに、
お誕生日のプレゼント、「ねこ昼寝用ふとん」。



おねえさん、ありがとう。あお、うれしいの。


「ねえちゃん、お誕生日おめでとう。」
「ありがとね、弟。」
 
無事に育っていきますように。

先行告知「新型マッチングパーティー開催」


カメラ目線のはちくん。

来る12月6日、日曜日に
信頼出来る仲人連合さんとのコラボ企画、
「ブライダル本音パネルディスカッション&マッチングパーティー」
を開催致しますので、お知らせ申し上げます。

コロナ中ではありますが、
ウイズコロナ企画として、ご参加の皆様方にも
個々、十分なコロナ対策をしていただき、
当方も十分なスペースを確保しての開催です。

場所は
恵比寿駅の西口から徒歩1分の場所にある
「EBISU GRILL Tefu Tefu 恵比寿店(エビス グリル テフテフ エビステン)」。
時間は14時半〜約2時間。
参加資格は男性50歳まで、女性42歳まで。
(自称年齢では無く、戸籍年齢でお願いします。)
独身の方に限ります。
会費は女性5,000円、男性6,000円(予定)。

開始はパネルディスカッション。
パネラーは、仲人連合さん、わたし、参加者代表。
その後はマッチングパーティー。
マッチングを希望なさらない方は、
会場にタロットリーダーが4人おりますので、
リーディング三昧はいかがでしょうか?

詳細はまた後日に掲載致します。

皆様、どうぞお楽しみに。

 

久しぶりに江ノ島へ。

2ヶ月ぶりくらいに、江ノ島まで行ってきました。
小田急江ノ島線、終点の片瀬江ノ島駅の改札口前に、
なんと生体のクラゲが泳ぐ水槽が設営されていました。
ちょっと行かない間に、駅舎の
「オリンピック開催用模様替え」
が、終了していたようです。
駅に生体のクラゲ水槽があるのは、世界中でここだけではないかしら。

江ノ島は人出が戻りました。にぎやかです。
お土産屋さんで、かわいいマスクを発見。

藤沢のキャラクター、「藤キュン♡」です。
頭の上には江ノ島。
耳はヨットになっています。
藤沢がマイナーなのを心配して、
自分から市長に
セールスプロモーションを仕掛けた、というお話設定。
学芸大学オフィスでつけてみようと思います。

さあ、いよいよ秋ですね。

ひとつの事例。


日没時の江ノ島周辺。
まるで、モネの絵画のような世界。

前回のブログで、
私も流石に「因縁」という現象が実際にある、と
認めるようになった事と、それに関する自分の考えを記しました。
それを決定付け、経験からの対処を考えさせられた事例、
を記してみたいと思います。
あくまでもひとつの例であり、
因縁というものは本当に複雑にからみあい、それを紐解いたり対処するのを見様見真似でする事は大変危険である事はあらかじめ、記しておきたいと思います。

三十路を少し過ぎ、華やかなお仕事をなさっている
才女であり、美貌も兼ね備えたお嬢様を持つお母様が
リーディングにおいでになりました。
お嬢様に結婚したい相手がいるがかなりの年下であり、
しかし交際年月は数年間、と年齢の割には長い。

「私は結婚させたくはないんです、
ほら、おわかりになるでしょ。
結婚とは、家の格式や本人の品位が釣り合うか、
それが大切な事ですよね。」
私は、はい、ともいいえ、とも言わない。
こういう場合、後から
「あのとき、鶴見さんが相槌を打ったから、
私はこういう言動に出たのに!」
といってくる方もいらっしゃるから。
いやいや、それは身覚えが、と言っても埒があかなくなってしまうのは私はも困るので。
「でも、娘はどうしてもどうしても結婚する、
出来ないならば生きていても仕方ないと号泣するんです。
もう、どうしたら良いものか…」

それは確かに考えてしまいますよね。
それではリーディングしてみましょう。
あれ?あれ?うーんうーん(+_+)。
暫くの沈黙のあと、私は思い切って話し出す。
「あの、ですね。
私は因縁とか前世とか、簡単に口にしないんです本来は。
それを理屈にしたら、無理が通れば道理が引っ込む、
ような事もたくさん、生じてしまいますから。
しかしながらですね、今回は敢えて申し上げますね。
お嬢様と、このかなり若い彼は
前世で心中した仲、なんです。
前世ではお嬢様は商家の人妻、彼は年下の使用人です。
だから、引き合ってしまう、離れる事がどうしても出来ないんですね。
この二人にどうしても別れなさいと言ったら、本当に心中してしまいそうです。
ですから、この二人は結婚するしか無いのだと思います。」

「またか、なんですね…」
え?お母様、何か?
「ああ、またかと思ったんですよ。
娘は前の彼氏さんとも、心中騒ぎを起こしました。
瀬戸際で、防げましたが。」
まあ、そうですか。
その方よりも、今度の方のほうがお嬢様にとって本命です。
ですから、実行しないように結婚を許可するしか…

「しかし、娘は見合いもしておりましてね。
私はその人がとても気に入っております。
その人と結婚させたいのです。どうしても。絶対に。
だって、不幸になるのを見て見ぬふりは出来ません。」
うーんうーん(+_+)うーんうーん(゜゜)
カードを繰ってみる。
「うーん。あのですね。
確かに、お見合い相手は裕福だし、学歴も素晴らしい。
収入も、社会的地位も高いです。
その点は、お嬢様も理解しておいでで、
この若い彼と出会っていなかったら、お嬢様はこの方を選んだでしょう。しかし…」

「そうですか、それならばそれでわかりました。
良い答えです。
娘を口説いて、口説いてこの見合い相手と結婚させます。
その後、うまく行かなくなって娘が若い彼と駆け落ちしたら、それは致し方ないと思えます。
とにかく、このお見合いは成功させます。」

あの。お母様。
お母様、このお見合い相手が大変、気に入っておいでですね。
うーんうーん(+_+)言おうか言うまいか。
あのですね、このお見合い相手は
前世のお嬢様が捨てた夫、なんですね。
そして、貴女はその夫の母親だったようですね。
前世で、妻が心中した後で、
親子仲良く、寄り添って暮らしていったようですね。

クライアントさんの目から涙が滴り落ちる。
ぽとぽと。ぽと。ぽと。
嗚咽で、声にならない。
「わかりました。全てわかりました…
娘には、それこそ因果を含めて
お見合い相手と結婚してもらいます。
その後は構いません、好きにさせます。
私は一生、娘婿を支えていきます。」

…今の話をお見合い相手には出来ないけれど、
でも、とてつもなく理解不能な話ではあるけれど、
そうすれば何故か、みんなシアワセであると
それが因縁、というものなのだと、私は理解したのでした。

簡単には使わない、
慎重なリーディングと対処が必要な因縁問題。
非常に難しい技術と、深い知識、人道的観念、宗教意識を必要とする、
「私、鶴見」にしか出来ないリーディングと申し上げて
差し支えないと思っております。

「因縁」とは。


庭のメダカ鉢の睡蓮が咲きました。
なんて清楚で美しい。

私は余り宗教的ではないところがあり、
シャーマニズムは組織的宗教とは異なる部分があり、
また大きな声では言えないのですが
500万の墓石を建てれば全てが安泰とはちっとも思わないので、
クライアントさんから良く聞く、「因縁」という言葉には
正直、アレルギー反応を起こしていました。
そんな、自分のミスを棚にあげて因縁のせいにする?
とか、
理屈がつかないことは因縁になるの?
とか、
何より、因縁をワンコインで解除しますよとか、
逆に因縁を祓うからと3000万取られました(でも、払ったのは自分の意思ではありますよね…?)とか、
毎日、一回は「因縁」という言葉を聞くことを疑問に思っていました。

しかし。
最近、やはり因縁はあるんだとしみじみ感じる事例を何件か続けて拝見したり、
巨額の金銭を支払いながら因縁が更に深まっている案件が持ち込まれたりして、
いよいよ知らん顔出来なくなってきたかしら、という感じ。

とはいえ、私はリーディングが現況仕事なので、
因縁対応をします、と声をあげたりは今はしないですが、
因縁事は因縁事として、
誤魔化さず、スルーせず、必要に応じて対処していく事も考えています。

それはヒーリングではないようでいて、
魂のヒーリングにはつながると切実に思うので。

もうすぐ彼岸。
季節は変わり、秋へと向かいます。
皆様、ご自愛くださいませ。

因縁話は、次回に。