私が怖いものⅡ。

クライアントさんに頂きました「和マシュマロ」。
最近のマシュマロは、本当に可愛いです。

私は、実は大変怖がりです。
なにも怖いものなんか無いでしょう、と
良く言われますがそんな事はありません。
例えば、ARTとして高い評価を受けているものでも、非常に怖いものがあったりします。
感性が、シャーマニズム寄りだからかもしれません。
確か、以前もブログに、
ミッキーマウスが物凄く怖い、とか何やら、書いたように思いますが、その第二段。

歯医者さんが怖い。
口腔外科の先生曰く、私は噛み締める力が強いそうで、
それで歯も歯茎も、傷んでしまうらしいのですが、
古今東西、シャーマニズムに関与するとカルシウムが奪われる、と言われています。
以前、ドイツでワークショップ中、想定外のシャーマニズムをする状況になり、
その時は奥歯が四本、ぐるぐる回って痛いの痛くないの。
参加者さん、スタッフさん、運営側もびっくりでしたが、私が一番びっくりしたかも。
結局、その四本の奥歯は失ってしまいましたが。
それからも、疲れたり何かあると、歯や口腔の状態が悪くなるので、歯医者さんとは懇意にしなくてはならないのですが、怖いのです。

もう1つ、とても怖い「予感」。
それはある場所で感じるもので、それは
オフィスではなく、自宅でもなく、それなりに行く事があり多分、本当に捻れた空間が存在しているところ。

その場所で、洗濯物を干して振り替えると、一斉にばさり、と洗濯物が落ちる。
洗濯バサミでとめれば、落ちないけれど
振り替えると洗濯物が曲がっている。
とめなければ、何度でも洗濯物は落ちる。
まるで、嘲笑うかのように。

あるとき、流石にイヤになり、
振り向き様に、ふざけるな、いい加減にしろ!と叫んでみたら。
その時に、目の前に現れた何か、は
存在的に輪郭がはっきりしてはいなくて、
何か良くないわからないものではあるけれど、
小さな蠢く、虫のようなものが集まり、形作って出来ているようで、
2メートルを超える大きさで人の形に似ていて、
そして激しい臭気が漂って。

途端に私の足下からあたまのてっぺんまで
鳥肌がざあっと立ち上がり、あたまのてっぺんからその鳥肌がぞわっと引いていき、
また足下からあたまのてっぺんまで、鳥肌がざあっと立ち上がり、と2回、繰り返された。
まずい。これはかなり、まずい。
本能的な強い恐怖で、体の細胞が萎縮している感じ。
どうしよう。

私は思わず、ここから立ち去れと叫び、
するとそれは蠢きながら空中に拡散するように、消えていきました。
あとにはただ、とてつもない臭気が残り。
後日、同じように場所で同じように洗濯物を干しても、
振り替えるとばさり、と洗濯物が落ちる事はなくなりました。
しかし、何かの気配が遠くにある。
確かに遠くにある、けれど今は近付いてこない。
でもきっと、またいつか近付いて目の前に蠢きながら、前よりも巨大化して現れる、そんな予感が何処かにあって。
そんな予感は、怖い。

そうなんです、私は皆さんが思っているよりずっと
怖がりなんですよ。

書ける事、書けない事。

自宅の庭スペースに置いてある、七個のメダカ鉢のひとつ。
ガマガエルに産卵場所を提供し、
孵ったおたまじゃくしと共存し、
おたまじゃくしに足が出て手がでて、
傍若無人に鉢を占領する中で耐え、
おたまじゃくしが居なくなったら猛暑に耐え、
やっとメダカにパラダイスタイムがやってきました。
群れを作り、寒さに向かっていきます。
こんなに狭い「鉢」でも、彼らにとってはマクロコスモス。

ブログになかなか書けない事、はあります。
守秘義務に関する事は当然、書かない。
敢えて共用する必要が無いネガティブは、書かない。
アフィリエイトしていないから、誘導法は書かない。

そうではなくて、書けない事。
それは、何か連綿と続いているスピリチュアルに関しての、情報開示。
不思議な現象が続いていて、鎮まっていない状況の時。
「場」の統制が取れなくなるから。

そんなわけで、
今週はなかなか、ブログが更新出来ていません。

和御魂、荒御魂

10月に入り、街はあちこちがハロウィン・デコレーション。
可愛いおやつを頂きました。
スイーツはいくらでも食べられる自分がこわい(笑)

10月中旬に、
有志「貴船神社に詣で隊」と共に、
京都の貴船神社に行って参ります。
そのために、今、いろいろと下調べをしている状態。
今回のテーマは、「荒御魂、和御魂」になるようです。

荒御魂(アラミタマ)は文字通り、荒々しく勇猛果敢で威力を発揮する神霊(サキタマ)。
これが祟り(たたり)に繋がっていく。
和御魂はニギミタマと読み、温和、静穏な徳を備える神霊。
和御魂には幸魂(サキミタマ)と奇魂(クシミタマ)があり、幸魂は人に幸せを与える神霊、
奇魂は霊妙、神秘的な力を持つ神霊。

これを簡単に、表裏一体と表現してはならないのではないかな、と考えています。
日本は八百万の神だから、荒御魂も和御魂もそれこそ、八百万だけれど
絶対神、唯一神の宗教下では、
(絶対なのだから完璧で、荒も和もない、超越しているのだと思いますが)
神の御魂は何処にあるのかしら。と、思ったり。
(ブラバッキー夫人やアリスベイリー等の神秘主義者の提唱した、ヒエラルキーの強い霊的世界観がよくわからないので。)

また台風が来ています。
今年の日本列島は災害多く荒れています。
荒御魂を鎮めるには、犠牲が必須なのではなくて
幸魂と奇魂とのバランスではないかと
ふと、思ったりする日々です。
幸魂と奇魂が弱った日本。
平和は探すものではなくて、
でも見えないけれど魂のように確かにあり、成長するものなのかな、とも思えます。

「仮名、年忘れ鶴見タロットコンベンション」開催します。

今年1月にNPO主催にて、ヒーリングコンベンションを実施した際には、
本当にたくさんの方々にお越し頂く事が出来ました。
心から感謝申し上げます。

今年もあっという間に10月になり、あと少しで師走です。
きっと、あり得ない!というような勢いで、月日は過ぎるでしょう。
年末になるとどうしても、今年を振り返り来年に思いを託し、より良い事がありますようにと願うもの。
リーディングのご依頼もやはり、年末は多くなります。

そこで、今回はNPO主催ヒーリングコンベンションてはなく、
私主催(私がNPO代表ですから紛らわしいですが)で
「Tsurumi Tarot Reading年忘れコンベンション」
を12月9日(日)、
東京駅八重洲口そば、喫茶ルノアール貸し会議室プラザにて、12時半より開催します。
私の教え子さんたちがリーディングを担当。
鶴見自身は、ワンコインヒーリングをご提供予定です。
14時半からは私の茶話会、となります。

詳しく決まりましたら、またご報告申し上げます。
私が厳しく指導し、信頼をおいているリーダーさんたちのリアルなリーディングを格安価格で、
どうぞご体験くださいませ。
茶話会ではお土産をご用意致します。

秋めいて参りました。
みなさま、どうぞご自愛くださいませ。