「霊能者」。

まだ幼い仔犬。
生後、4ヶ月の女の子。
フレンチブルドッグとマルチーズのミックス。
1ヶ月前に、このお宅に貰われてきました。
臆病で、びくびくしてるけど、一生懸命ご挨拶。
よしよしよし。

飼い主さんが前に飼っていた犬は、フレンチブルドッグ。
飼い主さんはその仔を愛して愛して。
人間のお子さまもお二人、授かって、そしてその仔は、フレンチブルドッグに多い腫瘍で、虹の橋を渡ってしまって、5年が経過。
お子さまたちが、やはりわんこと暮らしたいと望み、
お子さま方の強アレルギーをなんとか、クリアしたこの仔がやってきて。

でも、この仔はいつもびくびくしていて、余り甘えも無い。甘噛みもつよい。目がどんよりしている。
飼い主さんは悩んで、いろいろな知り合いに相談。
その中の一人が、
「私は実はいろいろと視える人」
だった。

その人は
「私は実はかなり優れた霊能者で、いろいろ視える。
この犬は性格にかなりの問題があり、愛を知らない、だから人間と心が通い合う事は一生、無い。魂も無いような状態。
飼えば飼うほど、後悔と不幸が募るから、手放したほうが良い。私には不幸な未来が視える。」
と、言ったそうで。

飼い主さんは泣いて泣いて、どうしたら良いだろうと私に相談してきました。
彼女とは、フレンチブル友だち。
鶴見さん忙しいから、聞いちゃ申し訳ないと思ってたの、と涙声。

その、実は私は視える奴、をここに連れて来なさいよ。
私が意見をするから。
何が視えるというのだ、そんな奴に。
人を縛るような事、傷付けて弱らせて、更に迷わせるような事を言う奴が視てるもの、なんてろくでもないもの、低レベルなものだよ。
例え、仏が視えて、仏がそう言っていたと聞こえても、
本当の仏ならば、高次元なのに本当に、人のことばを話すと思う?
いつもあなたの後ろに居て、これはするなあれはダメだ、みたいな小舅みたいな事を言うと思う?
そんなくだらないものに、振り回される必要性は無い。
それが視えるから、聞こえるから私はすごい、霊能者だ、みたいに言う人はまったく勘違いしているだけ。
そんな事を信じて、この震えている仔を愛せないならば、私が連れ帰って飼う。
ありきたりの、「愛」ということばに振り回されないで。
まず、あなたが愛して。
愛して愛して愛して、ただ愛して。
愛してもらいたいなら、どうして自分の愛を出し惜しみするの?

震えている仔犬は私に寄ってきて、顔をペロリと舐めてくれて、
それから真っ直ぐ、飼い主さんの元に駆け寄って。

ほら、ちゃんと愛は通じているじゃない。ね。

私は今まで発言はしなかったけど
じゃあお前はなんなんだ、と問われたら
シャーマンです、と答えるしかないけれど、
自称、霊能者さんは
「視える」から、「聞こえる」から、
特別な存在であり、他者にアドバイスをして構わない、という
妄想は抱かないで欲しい。

結果は、あなた自身に返る。

今日は十五夜。

今日は十五夜。
でも、満月は明日。
9月25日(火)です。

可愛い、月美まんじゅうを頂きました。
ありがとうございます!

十五夜の夜に拾ったドングリは
特別な魔法の力を持ち、
生命力の象徴となります。
このドングリに、緑色の紐と赤色紐を依ったものを通して、身に付けると万病が治癒する、と言われています。
しかしながら、この時期のドングリに小さな穴をあけて、更に紐をとおすのは至難の技です。
結果、選りすぐったドングリになるので、
特別な力を持てるのかもしれません。

ちなみに、私は20年以上前ですが、
十五夜の晩のドングリを拾う為に夜中、公園でドングリを探していて、警官に職務質問された事があります。
あの日から、残念ながら十五夜の夜のドングリは収穫出来ていません。

ヨルニハ、ドングリヲヒロイニ、
イカナイヨウニシマショウ。

写真訂正

昨日のブログにアップしました、京都・嵐山の民泊、「リバーサイド嵐山」。
黄昏時の写真だったので、
まるでファン・ゴッホの作品の「アルルの教会」のような雰囲気を醸し出していましたが、
実際はこのような感じです。

慎んで訂正致します。

プライベートで嵐山。

…写真の撮り方にかなりの問題があったかしら..

なんだか怪しい洋館のように見えたら、経営者さん、ごめんなさい!
こちらは京都、嵐山の民泊施設、リバーサイド嵐山です。
今日はプライベートな用事で、こちらに来ています。
民泊は初めてですが、かなりシンプルでありながら自由度高くしかもリーズナブル。
かなり快適、新しい経験です。

先日の台風で京都もかなりの被害が出て、あちこちで増水や倒木があり、観光が阻まれています。
嵐山も、河川はかなり増水していましたが、観光は再開していました。

嵐山は、夕方6時にはほぼ、全てのお店が閉まってしまい、その早さにびっくり。
明日は秋分の日、綺麗な月が出ていました。

京都での用事は済み、明日は帰京。
明後日から学芸大学オフィスにて、皆様をお待ちしております。

北海道に来ています。

地震後の北海道に来ています。
羽田空港から飛行機は順調に飛行、
でも残念ながらJRがポイント故障で運休。
今日はバスを乗り継いでの移動になりました。

空の蒼はあくまでも透明だったけれど、
台風の被害もあり樹木があちこちで倒れ、家屋で壁が崩れていたりと、やはり痛々しさが残ります。
とくに、乳牛が地震と停電のストレスで
次々と乳腺炎になっているそうです。
可哀想に、生き物は等しく、地球のストレスに敏感になってしまうもの。
早く快復しますように。

北海道の北部には、
私のインディアンネームでもある大鴉(ワタリガラス)が飛来します。
大鴉と普通のカラスとどう違うの?と申しますと

右側が大鴉、左側がハシブトガラス(普通のカラス)。
親子ほど違いますよね。

うーん。
どうしてこんなに迫力ある鳥の名前を頂いたのかしら。
でも、羽毛が思いっきりボサボサなのが、なんだか飛びきりチャーミング。
実物をいつか、見てみたいです。

少し偏食。

焼き菓子の詰め合わせを頂きました。
ありがとうございます。
此方のお店の焼き菓子は、本当に美味しい。

朝起きてクッキー二袋
昼にパウンドケーキ(小さめ)を四個
おやつにクッキーを二袋
夜にパウンドケーキ(小さめ)をまた四個+ヨーグルト
夜食にクッキー一袋

こう書いて改めて、
なんて栄養バランスが悪い、超偏食な子どものような食事。
と、自分でもビックリ。

基本的に、リーディングの仕事が入っている時には
なるべくお肉を食べません。
宗教的な理由というより、シャーマニズムの感性に歪みや、曇りが生じないようにため、です。
スイーツは材料が無殺生。
だから安心して食べてしまうのです。
小豆などは、更に魔除けになりますし。

さて、今日はどんなスイーツを頂こうかな。

10月に貴船神社へ。

6月に「鞍馬山に登り隊」を結成して、祈りの旅をしてきましたが、
そのときに敢えて立ち寄らなかった「貴船神社」。
その後、何回も、いろいろなシチュエーションで貴船、というwordの符号が生じたため、
腹を決めて10月に、貴船神社に詣でようと思っています。

貴船神社の主神は高おかみ神。
(たかおかみのかみ)
高龗神とは、日本書紀に記されている水神様です。
「髙」は山を指し、「龗」は龍を指す龍神と伝えられています。
古来より祈雨・止雨の神として信仰されています。
※おかみの漢字は龗

この神様が、関東圏で唯一、祀られているのが
伊勢原にある関東総鎮護の「大山阿夫利神社」の中の
中社、「二重神社」。
大山では小天狗とも称されているそうです。

貴船神社に詣でる前に、まずはホームグラウンドの関東で、ご挨拶をさせて頂けたらと思い、
先日、大山阿夫利神社を詣でてきました。

下社少し手前脇で、ひっそりとお休みする鹿。
おとなしくて、かわいらしい。ごはんを待っているのでしょうか。

大山は別名、「アメフリヤマ」とも言うそうで、いつもてっぺんに雲を抱き、ガスっているらしいです。

下社から登山道に入り、しばらく行くと
小さな細い滝。ここが「たかおかみのかみ」を祀る二重神社。

思っていたよりも小さな滝、社も小さくて少しびっくり。
しかしながら周囲の清冽な空気はやはり、
山という異界の中の聖地だから、かもしれません。

このように準備を少しずつ、少しずつ
進めて行こうと思っています。
10月半ばの平日・水曜日に、日帰りでの実施。
二転三転、急転直下、
何かまだまだ内容は変わります、きっとその場に至るまで。

キツネノマゴ科

とても可愛らしい鉢植えを頂きました。
フィットニア、という名前の観葉植物ですが、
「キツネノマゴ科」に属するそうです。
なんて可愛らしい名前。

ハロウィーンスティックを見ると、
もうそんな季節になってしまうんだ!と、
一種のメランコリックを感じつつ。

素敵な秋になりますように。

プレゼンネクタイ。

今年始めに実施したNPOのコンベンションと、
夏の茶話会とで、二回ほどお話をしました名付けて、
「プレゼンネクタイ」。
私のネーミングですが、要は
プレゼンテーションのような場に際して、少しでも自分にとって不利な状態を緩和するために、身の回りの小物を活用する事を指します。

いわゆる、ラッキーアイテムとか、タリスマンとは少し、違います。
ラッキーアイテムのような、事象全般に効力があるのではなく、
自分が設定した(希望している)ピンポイントの場の転回を具体的にポジティブにしていく、ひとつの「仕掛け」です。

この話はどなたにも興味深いようで、
プレゼンネクタイのお話をして、と頼まれたりする事は少なくありません。
ブログにもアップして欲しい、と相当数の依頼も頂いてしまい、今回は少し、ブログにアップしようかと思います。

例えば。
①プレゼンテーションする相手が、動物に置き換えたら何に似ているか、をイメージします。
②その動物に対し、自分はどう働きかけたいのか、をイメージします。
③例えば、相手が可愛らしいウサギちゃんタイプである場合は、自分はウサギちゃんを
・食べたいのか。
・お友達になりたいのか。
その目的格を明確に持ちます。
④いずれにしても、相手側を引き寄せれば更に、
物事がうまくいきそうなので、
ウサギが好みそうな存在に自分が成れば良い、という意味合いでのプレゼンネクタイを設定します。

例えば。

clone tag: 5270017782220203203

こちらはDAKSのネクタイ。
ブルドックの絵柄です。
相手に対して噛みついていく、一度噛んだら絶対に離さない。
という強い意味合いになります。
相手を組み敷きたい場合、それを敢行する強い意思を維持したい場合、ぴったりのネクタイです。

clone tag: -2537811436272699521

すみません、写真を回転出来なくて横向きですが、こちらはアクアスキュータムのサイの絵柄のネクタイ。
一応、サイです。
豚さんみたいに見えますが、サイです。
猪突猛進、のように単にパワーで押しまくる時に有効な絵柄です。
押しまくるけれど、余り考えない。
万策尽きたけれど単に撤退はしたくない時にも有効でしょう。

こちらは可愛らしい、赤地に狐が楽しそうに遊んでいる絵柄、フェラガモのネクタイです。
これは、実は「神がかりを呼び起こす」最強のネクタイ。
何故か、と申しましたら赤地、狐。
そう、お稲荷さま召喚ネクタイ、になります。
商売事に向きますがお稲荷さまは実は道標の神様、
迷走した事態の解決にも向いています。

こちらも可愛らしく、色合いも美しい、フェラガモのネクタイ。絵柄は白い鯨です。
狐さんのネクタイは最強でしたが、こちらも神系ネクタイ。
白い鯨は神の威光の象徴、すべての破壊も表します。
つまり、ちゃぶ台ひっくり返して全て無にしてしまうぞ、的な猛烈な大人げない断定。
もうお付き合いしたくない相手に対峙する際にはもっとも有効でしょう。

最後にひとつ。
ウサギのモチーフは、古今東西、場を変える時に有効なトリックスターとして使われてきています。
因幡の白兎しかり。
アリスの時計ウサギしかり。

こちらは、「抱き合うウサギ」というリング。
可愛いですね。
こちらも、トリックスターとして使えます。

プレゼンネクタイ、トリックスター。
勿論、ネクタイではなくても図象が遭えばなんでも活用出来ます。
どうぞお試しを。

頑張って北海道!


2018年9月6日午前3時すぎ、
北海道で大地震。
まだ全道の停電、空港や鉄道、道路の閉鎖が続いています。
心からお見舞いを申し上げます。
一日も早く、復旧しますように。
人々が安心出来ますように。

エゾモモンガが森を飛べるようになりますように。
北の大地の龍が落ち着きますように。