ハッピーバレンタイン!

 
ハッピーバレンタイン!

私はあげていないのですが
今年も大漁でした。
年に一度、主人に
「ありがとうございます!ご馳走さまです。」

また逢おうね。

フランス原産猫、
シャルトリューのちゅーちゃん、
闘病の末、旅立ちました。

とても優しい子で
誰からも好かれていて、
いつも誰かと一緒に居ました。


スコティッシュフォールドのうみぼちゃんと。


身体がとても弱かったこんちゃんと。


最重量で、最年少で逝ってしまったまると。


ちゅーちゃんの病床(段ボール箱)には、
いつも不思議な光が映り込んでいました。
心配そうなはちくん。

はちくん、独りっ子になってしまったね。

幼い子供たちを抱え
仕事を抱え、世間の義理を抱え、
この仕事に対する偏見に苦しんでいた時に
いつも私を支えてくれていた犬猫たち。
ちゅーちゃん。

ありがとね。ありがとね。

虎とライオン。

私は幼い頃から動物が大好きで、
でも、実家は全員が動物が苦手で、加えて転勤族であったので文鳥は懇願して許可してもらったけれど、
犬や猫を飼った事は無くて、飼いたくて、
それで、キリンと象以外なら何を飼っても良いと言ってくれた主人と結婚して早、31年になるのですが。

先日、主人が
「実は結婚してから、毎月一度は君が虎とライオンを拾ってくる夢を見る。」
と、激白。
え?虎とライオンを拾ってくる夢?
「そう。
まだ小さいから、里親が見付かるまでだから。
と言って、虎とライオンを。
時に、虎2頭にライオン3頭、とか複数の事もある。
その虎とライオンがさあ。
君が出かけている時に、いきなり大人になっちゃう夢。必ずそう。
その、大人の虎とライオンを見ながら、
君が帰ってくる前に喰われてしまうんじゃないか、と恐怖に固まっている夢。
毎回同じ。毎月最低1回。31年間。」

……それは知りませんでした!
そんなに怖いおもいをさせていたとは。
それは誠に申し訳ないです。ごめんなさいね。

先日、北海道の父の施設に泊まった時。
「ねえ。起きて。」
と、丑三つ時に起こされる。
「さっきから、この狭い部屋の中に、
虎とライオンがうろうろしていて、怖いから
なんとか追い出してくれないかなあ。」

ん?何処かできいたらフレーズ。
「お父さん、虎やライオンなんていません。
私は確かに、寅年ではあるけど。」
「ボケたと思ってる?あれ?居なくなった、まあよかったね。」
父は就寝。私も就寝。

その話をふと、子供たちに話したら、
「お母さん、実はいつも連れているんじゃないの?
本物ではなくて、眷属とかスピリットとか。
お母さんならば、あり得るでしょ。」

そうなの!?
いや、あり得ないでしょ(^^)

Tsurumi Tarotは、今まで通りです。

昨日、ブログにアップ致しました内容は、
NPO事業に関するお知らせになります。
(NPO法人が解散したわけではありません。)
私、鶴見明世は今まで通りに、
タロットリーディング、ヒーリングを学芸大学オフィスにて継続して参ります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

私がこの仕事を、辞めてしまうわけではございません、
今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。
ご心配くださった皆様、
元気に仕事していますし、
北海道にも帰りませんので、
どうぞご安心くださいませ。