久々に金縛り。

いつの間にか、1月も中旬になりました。
早いですね。
鏡餅みたいな体型のはちくん。

先日、寝入って割とすぐに金縛りになりました。
私は就寝時間が遅いので、丑三つ時過ぎでしょうか。
仕事柄、ちょっと不可解な現象が起きるのは致し方ない、と思っていますが
家庭にそれを持ち込むのは本意ではなく。

誰かが、意識に無理矢理、入ってこようとしている。
人間で、女性の様子で、割と可愛い高い声で
話し続けている。
話の内容的には可愛い声とは裏腹に汚言で、
仕掛けてくる動作も重量感あり、手荒い。

本体はそこそこ若い女性だけれど、それだけではないな。
汚言の話しぶり、匂い、動作の種類で判断し、
「🔘🔘、もういい加減にしろ!
私は毎日働いていて、今は寝なくちゃならないんだ!」
と相手の正体を指摘する。
的中すると、それは瞬時に消えてしまう。
やれやれ。また貴重な睡眠時間を削ってしまった。

クライアントさんがよく、異口同音に問いかけておいでになります。

「生き霊飛んでいますか?」
「念が飛んでいたら怖いです。」
「何か呪われているのではないでしょうか。」

科学の進んだこの時代に、前近代的なこの意見。
私はまじまじとクライアントさんを見て、
「身に覚えが無ければ、気になさる事はないでしょう。」
と、お伝えする。

呪詛の類いは本当に細分化されていて、
表面に出てくる呪術は大変少ない。
私は呪詛系は全く専門外ですが、これだけは解っています。

「プチ呪詛、呪術は
それをかけている相手を見抜けば、呪い返しの状況に一変して移行する。」

のです。つまり、呪いがかけた相手に返るのです。

自分が呪われているのでは、と気になった人は、
試しに恨んでいそうな人を列挙してみる。
数日後、具合を悪くしている相手がいたら、
ちょっと疑わしいかも。です。

しかしながら、
生き霊はそこまで飛んでいないです。
生き霊は、トンボの大群ではないからです。
大抵の場合、人の不安感から何か、魑魅魍魎みたいな物を呼び寄せてしまい、
それを生き霊と勘違いしているわけです。
不安感を拭えば、
その、本来の姿がわかるはず。
独特の匂いが鼻にこびりついたりする際も、
同様の手順で。

私たちは日々進化している、
自分と刺激対応策の習得の為に。
それを自ら、恐れて逆にネガティブを呼び込まないように、
周囲の理解も改革しながら、自分の作った狭い世界を拡げる意識を持てなければ。
せっかく、生きているのだから。
そう、思う。

霊が見える人は、見える自分に選民意識を持つべきではない。
逆なのだから。
そう、思う。

マグマ大使の手。

年末年始と家庭での水仕事が多く、
更に加齢で拍車がかかったか、今年は手荒れがひどい。
加えて、腱鞘炎。

まるで、マグマ大使の手。
もしくは、ジャイアントロボか?

若い方にはわからない話題で、ごめんなさい(^^;)

ファミリアvsパラディーニ

この写真は、お正月に江ノ島、奥宮に詣でた時に撮りました。
手水そばの木の幹、龍の顔が浮き出しているように見えます。

表題の、
ファミリアvsパラディーニ。
昨日、ブログにアップしたファミリアタロットと、
アメリカで20年以上のベストセラーを保つ
パラディーニタロットのシンボリズム(絵柄)を
比較してみました。

まずは、女教皇。

女教皇のカードは非常に難解なのですが、
箒にすりすり……

次は月のカード。

やはり、月にはウサギ。
スペインでは確か、月に居るのは蟹だったような。

次は愚者のカード。

アンニュイな猫が可愛すぎる。

次は節制のカード。

美しくミステリアスなカードではあります。

最後に、吊られた男のカード。

う、うーん。吊られていないし、無闇なオカルティックさ。

やはり難解、でも可愛すぎるから努力してリーディングしたい、ファミリアタロットでした。

新カード入荷。

新しいカードを仕入れました。
こちらは、「ファミリア」タロット。
全てのカードが動物で描かれているデッキです。

スペインのカードで、著名な女性イラストレーターが描いた、繊細で叙情的な絵柄はミステリアスな雰囲気をたたえています。
しかし。
カードの意味に、絵柄がほぼ全く、合っていないのです。
例えば、No.2の女教皇のカードは
グレーの猫が満足げに箒にすりすりしている絵柄。
うーん、
全く、カードの意味と絵柄がリンクしません。
カード一枚一枚の意味を熟知していないと全く読めない事になります。
というわけで、こちらのカードは上級者向け、といえるようです。
しかしながら、本当に綺麗可愛いので、一見の価値あり、です。

こちらは「ザ・ユンジャン」タロット。
あまりにも有名な心理学者、ユングの思想を取り入れたタロットです。
カードの背面がタロットのシンボリズムを貼り合わせた、マンダラになっていて。
大変、上品で綺麗。

こちらはカードにNo.表示も表題も無いので、
やはり扱いがむずかしいです。
上級者向けと言えるでしょう。
あ、この上級者向け、というのはリーダーにとって、です。

新しい年を迎えるにあたり、
新しいカードも揃えて、皆様のお越しをお待ちしております。

江ノ島に初詣。


茅ヶ崎海岸での初日の出。

あっという間に年末年始が過ぎ去りました。
明日は仕事始め。
今年も精進して参ります、どうぞよろしくお願い申し上げます。

お正月に、恒例の
江ノ島奥の院詣でをしてきました。


奥の院に向かう山からの眺望。
関東地方は、穏やかな冬晴れが続きました。
海の色、空の色がとても綺麗。

 
奥の院脇の灯籠。
今まで気付かなかったのですが、
この灯籠の3面に年代物の、不思議なレリーフがありました。

こちらは、天女のレリーフ。


こちらは狛犬のレリーフ。きれいな彫り込みです。


こちらが謎。
形としては山羊座のパンのような、でも足ではなく魚の尻尾のような。
ウミヘビと人魚が合わさった男性形、という感じ。
もう一面は文字が書かれているだけなので、このレリーフは不思議でした。


お参りを済ませて、海側を通ると、水面に不思議な渦巻き。
岩が下にあって、海流が変わっているからか。

今回の参拝で嬉しく思ったのは、
野生のリスとの遭遇。

これは、頭を下にして、あちこち何かを探っている所。
ペアで現れて、上手く連携をとりながら
頑張って餌を集めている姿は、生きる原型を示してもらっているような気持ちになります。
今年が実り多く良い年になりますように。
孤立せず、必要な手を結びあえますように。

詣でる対象は、神格化された存在だけではなく、
様々に命を持ち、宿りがあると思える初詣でした。

仕事納め。

おかげさまで、12月28日にて、
今年の仕事納めとさせて頂きました。
一年間、誠にお世話になりました。
ありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

最終日があらゆる意味でヘビーで、
大変勉強になりました。
ありがとうございました。
さて、これから
一年間でもっとも、手荒れがひどくなる三日間の始まりです。

顔に出る。

「……私、タロットカードを読む事は出来ないんですが、
鶴見さんの顔は読む事が出来るとわかりました。」

クライアントさんが、私の顔を凝視して仰る。
え?
私の顔を、ですか?

「ええ、鶴見さんの顔を見ていたら、カードの結果が良いのか悪いのか、直ぐにわかります。
話している内容と、表情のシビアさがちぐはぐな時もたまに、ありますが。
そういう場合は、表情のほうが真実かなあ、と。」

………そ、そうでしたか。
この職業は多分、ポーカーフェイスのほうが良いとは思うのですが。
顔に出てしまうタイプのようです、私。
だから、お面を着けて仕事したほうが良いですね、きっと。

今日、おみえになったクライアントさんが
おかめのお面を持ってきてくださいました。
早速、着けてみる。

うーん。
実に、似合うじゃないですか。
既に同化しています。
昔から、仮面はシャーマニズムには欠かせないものですが、
これはやはり、メタモルホフォーシスですね。
おかめのお面は、おめでたいけれど
やはり、シビアな案件を抱えられたクライアントさんには、ちょっと失礼になりそうです。
妖しいお面を着けて、変にトランスしても困りますし。
来年も素顔で頑張るしかないですね。

頂き物のLEDライトのキャンドルライト。
ちゃんと、炎が揺れて、ニュアンスあります。
今日はクリスマス。
皆様に祝福が訪れますように。

脛椎コルセット。

いたずら盛りのはちくん。
ちゅーちゃんの真似をして、段ボールに籠り中。

私は、脛椎症性脊髄症、というクビの骨の持病があるので、転ばないようにしなくてはなりません。
そのため、公共交通機関を利用する際は、脛椎コルセットを着けています。
クビを衝撃から守るためと、
「私にぶつからないでください」というデモンストレーションを周囲にするためです。
駅などで、急いで走っている乗客とぶつかったら、
かなりの衝撃が脛椎にかかり、脊髄の損傷が広がってしまうので。

昨日、プロ組タロット特講の後で、皆さんと一緒に
混みあっている東急東横線に乗り。

「先生、まだクビのコルセットしてるの?」(笑子談)
「うん、これは一生着けないとならないかな。」
「何の病気でしたっけ、どうしてなったの?」
「脛椎症性脊髄症、って言ってね。
ドイツでエクソシストした時にやっちゃったんだよね。」
「あー、ドイツでエクソシストね!あれかー!」

普通に話しているつもりでしたが、
この一言の後、車両内の空気が固まったのがわかりました。
……聞こえちゃった?
声、ひょっとしたら響いた?

駅に着き、プロ組タロット特講生さんたちと私は、
固まった空気の中、そそくさと電車を降りたのでした。

家訓。
電車内でエクソシストと言うべからず。

年内最終特講。

今日は「プロ組対象」のタロット特講の年内最終日。
手前から、
笑子さん、蓬田ななえさん、小林万里子さん。
タロット特講の時の写真は、
一体、何の特講?と思うほど、いろいろなお菓子に溢れていますが、
それだけのエネルギーが欲しくなるほど、
リーディングは体力を消耗するものなのです。

笑子ちゃんのお誕生日が近いので、ケーキが登場。

エネルギーを補給しつつ、特別講座は続きます。
いろいろあった1年を、無事に見送る事が出来るように。

初めて見ました。芋焼酎です。
私は残念ながらお酒が呑めないのですが、
家族は全員、うわばみなので年内には呑みきってしまうかな。

今年も残り、あと少し。
でも焦らずに、焦れないから。
と、言い訳を呟きつつ。