タロット講座ファイナル、募集一旦終了します。

宮古島からやってきた、「幸福草(マザーリーフ)」。
貰った人に幸せが訪れる、と言われているそうです。
こうして、浅い皿に入れて水を絶やさないでおくと、葉縁から根が出てきて、育っていくそうです。
たくさん増やして、配りたいな、と思います。

3日前に告知開始しました
「タロット講座ファイナル」、
お陰様で早々に、定員に達しました。
空席待ち(キャンセル待ち)ご希望の方は
iaoh.jp@gmail.com
宛にメールをくださいませ。

皆様方のご興味の深さ、向学心に感謝申し上げます。

タロット講座ファイナル、募集開始致します。


宮古島からやって来た、かわいい亀のぬいぐるみ。
学芸大学オフィスの水晶クラスターの上で、皆様をお待ちしております。

タロット講座(ファイナル)、受講生募集開始致します。

 今まで、いろいろな形でタロット講座を開催して参りましたが、直に私が指導する講座は今回にてしばらく、無期延期としたいと考え、「タロット講座・ファイナル」を開催致します。

少人数制。お稽古事感覚ではなく、いつかはプロを目指したい人を対象と致します。応募が多い場合は、選別テストを実施させて頂きます。

きめ細かく丁寧に、心を込めて
しかしながらスパルタに育成したいと考えております。

三回完結の短期集中講座となります。午前中から夕方までかかります。開催期日は9月9日(日)、10月14日(日)、11月11日(日)になります。講座代金は一回25000円です。

ご希望者様は下記にメールにてお申し込みくださいませ。応募者多数の場合は、選別テストを実施致します。

iaoh.jp@gmail.com

 

一回目

9月9日(日)、11時~17時半

新宿三丁目、喫茶ルノアールビッグボックスビル地下1階会議室2号室

受講料金 25000円

ライダーウエイト版(スタンダード)タロットカードをご用意ください。

茶話会ご参加、ありがとうございました。

7月8日(日)、
東京駅近、ルノアール貸し会議室プラザに於いて、
茶話会を開催致しました。
定員数いっぱいのお申し込みを頂きました。
ありがとうございました。

当日は、
①普通の日々の時間の経過の中に散りばめられた
「不思議な符号」について、
②民俗学を活用したプレゼンテーション、
「プレゼンネクタイ活用方法」、

③リミッター解除、陰陽五行を味方につける、
のお話をしまして、最後にヒーリングワークショップを行いました。
ワークショップでは涙する方が多数。
「いつの間にか涙が溢れていた。」
「悲しくても泣けなかったのに、今日は泣けて仕方なかった」
「涙腺崩壊しました、帰宅してからも水をガブガブ飲んでいます。」
等々のご感想を頂きました。
フィードバックは大切に保管致します。
ありがとうございました。

ワークショップはNPOスタッフさんが動画に撮って下さったのですが、
何故か「勝手にスローモーション」になったり、ちょっと不思議な動画になりました。
容量の関係上、こちらにアップができません。
いつか、機会がございましたら公開したいと思います。

さて、それから。
皆様を送り出して、スタッフの皆さんと軽くお茶したての帰り道。
駅前のビルが工事で、壁面が養生シートで覆われていて、
あれ?何かがシートにぶら下がっている?
バタバタ、苦しそうに暴れて……
カラス!!まだ幼いカラス、それも二羽!!

うっかり養生シート内に入ってしまったけれど出られなくなって、暴れている、怪我をしてしまう!
屋上には親カラス、鳴き叫び子カラスを呼んでいる。
どうしよう。

私はビルの中に入り、管理会社に連絡を取り、工事施工会社を教えてもらい、現場監督さんに直接電話して明日朝イチでの子カラス救出をお願いしたのでした。

奇しくも、茶話会でカラスの話をして、
私のインディアンネームがRavenで。
封じ込めと解放の話もしていたのでした。

ここでも符号。
符号は続くよ何処までも。
子カラスたち、助かっていて欲しいです。

補足。

昨日アップしたブログに関して、何件かお問い合わせを頂きましたので、
此方に補足致します。

①学芸大学オフィスで、笑子さんとキレイな光の写真、

虹色の光が出ているのは、窓に偏光フィルターが貼ってあって、それがプリズム代わりになっているからです。

壁から白く発光しているように見えるのは、
写真では見えないのですが、壁際に大きな水晶クラスターを置いてありまして、
そこに日光が反射しているからです。

こちらがその、水晶クラスター。
ほぼ、同じグレードのクラスターがもうひとつ、あります。
クライアントさんが付けているパワーストーンブレスレット等は、
リーディングしている間、これを使って浄化も可能です。

②タロット講座(ファイナル)に関しまして、
9月、10月、11月の三回受けて修了、となります。
1日で修了、同じ内容の講座を三回ご提供、ではなく
三回で1セット。
当日は、朝10時頃から夕方18時まで。
途中休憩はあります。
プロ養成内容になりますので、お稽古事イメージでは出来ません。
また、修了しても仕事の斡旋はいたしません。

以上、補足となります。

ブログ開始、一年経過。


鞍馬山で、ヒーラーの小林万里子さんと。

気付いたら、このブログを開始して一年が経過しました。
毎日暑いですね、と書き出して始めたことをふと、思い出しました。
最初は、私はブログをするつもりは無かったのですが、事の流れでそれでは呼び水的に期間限定的にしましょうか、となり。
それが延びて、一年経過となりました。

世間には長く、ブログを続けている方も多くおいでです。
私は今までブログをしてもSP要素のみの短期間、継続なさっている方はスゴいなあ、と感嘆の思い。
私の場合、話があっちに飛びこっちに飛び、プライベートも垣間見えたりもしますので、
クライアントさんから
「ブログ読みました。
鶴見さんのイメージが音を立てて崩れました。
ナチュラリストでも、ミステリアスでも無いんですね!
それでも、タロットリーディング出来るんですね!」
とか、
「鶴見さん、一つアドバイス。
ブログに書いてあるシャーマン、は怪しい表現だから止めたほうが良いですよ。
わかりやすく、霊能者にしたほうが。」
とか。

いろいろなお話が、ブログから生じてきます。
いや、私は霊長類ではありますが、霊能者っていう日本語区分がわからないので。
でも、シャーマンをジャーマンだと思っていた人も意外と多くて。
そんな話をしながら、クライアントさんが打ち解けてくださるのも、ブログ効果と思います。

先日、ヒーラーさんおよび見習いさん対象の特講をしました。

学芸大学オフィスで、
笑子さんに光が当たってとっても綺麗。

笑子さんは長く教えているヒーラーさん、
いつも笑顔。
時折、私に爆弾発言して、
後からまずい!と、ビビりまくったりするのもまた、一興。
あ、大丈夫ですよ、彼女はクライアントさんにはとっても優しく丁寧です。
今回は特講の場を借りて、週末開催の茶話会でのワークショップの試しをして、各ヒーラーさんの反応と感度をチェック。
ヒーラーさんへの特講は、その専門分野により別々に実施しています。

今年は年末にもう一度、茶話会を行おうかなと。
ファイナルタロット講座もしますから、ちょっと今年後半は忙しいかな……

そんなこんな、ですが
暑くてダメダメですが、
これからもブログも更新していきますので
よろしくお願い申し上げます。

夏が苦手。

今日は北海道に来ています。
関東は梅雨明けなのに、北海道は蝦夷梅雨状態。
車窓から、空全体が彩雲になっていた一瞬。

夏が苦手です。
余り汗をかかないので、暑さにつよいように見られますが、夏場はすぐにバテます。
「夏がダメ、というより太陽に当たると消滅するんじゃない?」
と、親しいクライアントさんに茶化されたりしますが、ただ黙って静かにバテます。

今年の夏は、乗り切る方法をあみだしたいです。

モロッコサヤエンドウ。

今日、クライアントさんから頂きました。
「モロッコサヤエンドウ」だそうです。
左すみの紅茶ティーバッグと比べると、大きさが分かりやすいかもしれません。

実が薄くて、サヤが硬いのは、そのような品種なのか、育ち過ぎなのか。
調理法が思い浮かばす、自分がバッタになったような気分になってきます。

バッタは苦手、
星団が中に籠るような色合いの目、
赤黒い液を出す口、
正面から見ると心底、馬鹿にされているような気持ちに陥り。
でも、一番怖いのは「カマドウマ」、別名便所コオロギ。
最近は、知らない人が増えてきましたが。
アイツハドコニトブカ、マッタクヨソクフノウナンダ。
ダカラコワスギル。

頂いた巨大なサヤエンドウから
怖いイメージ連鎖が生じています。
明日が満月だから、かしら。

予告 タロット短期特訓講座(ファイナル)開講。

今秋、タロット短期特訓講座(ファイナル)を開催する予定でおります。
昨年、「タロットスパルタ短期詰め込み講座」を開催しましたが(あれ?一昨年だったかしら?)
今秋の講座は、もう10年以上、
受講を希望なさっていた男性クライアントさんの、定年退職を機に開催しようと思います。
そして、私が直接指導するタロット講座は、
今後当面の間、休講とさせて頂きます。

私、アフターフォローが
自分で言うのもなんですが、余りにも良いと思いますので、これ以上、直の教え子さんを抱えるのは限界と感じたからです。
今後は、単発ながらワークショップ等開催し、
そこでいろいろな提案展開を担っていけたらと考えています。

とりあえず、タロット短期特訓講座(ファイナル)は、
9月9日(日)
10月14日(日)
11月11日(日)
にて開催予定です。
場所、受講料等まだ、未定です。

何卒よろしく、お願い申し上げます。

近況。


揚桃。
ヤマモモです。
中国に出張していたクライアントさんからのお土産。
ありがとうございます!
虫がついている場合があるので、暫く塩水に浸けてから食するそうです。
ヘタを取って、半分はヤマモモ酒に、半分はヤマモモシロップをつくる予定です。
9月には仕上がる予定、楽しみです。


エキゾチックショートヘアのはちくん。

無事に一歳になりました。

この四年間で、
タマ、たぬきちゃん、こんちゃん、まるちゃん、おちびちゃん、うみぼちゃん、と
自然の摂理ながら、6匹の猫が虹の橋を渡っていきました。
はちくん、ゆっくりと
一緒に時間を過ごしていきましょうね。

Back to the Future.


こちらは京都・鞍馬山、大杉権現社脇。
画面中央に、大きなオーブが写っています。

「鞍馬山に登り隊」は鞍馬駅を出発し、鞍馬山魔王殿で折り返して、もと来た道を戻りました。
当初は、魔王殿から貴船神社に向かい、
奥の院まで行く予定でいましたが、
当日の天候と、目的である「祈り」の内容を考慮して、
貴船神社行きを取り止めました。
結果として、それで正解であったとそれぞれが納得出来る形となり、ミッション終了。
「鞍馬山に登り隊」は解散。
それが。

京都から帰った翌日に、国際機関勤務のスーパー才女な知人からメールが入り、
「鶴見さん。鞍馬山と貴船神社に行ってみません?」
え。
私、実は昨日、鞍馬山には行ってきたのです。
「そうだったの!知らなかった!それでは、貴船神社だけで良いので。是非。」
貴船神社ですか!
敢えて貴船神社には寄らなかったのですが、
ここでその名前が出る、ということは。
うーん(゜゜;)
ちょっと考えてみますね、として、その話はとりあえず終了。

その翌日、やはりメールで
「登り隊」メンバーさんとやり取りをしていた時。
「それでは、」と文を打ち込んだあと、いきなり画面に「貴船神社」と文字が出現。
変換予測ではなく、画面カーソル上にいきなり。
多分、前代未聞の現象なのでは。
そのあとは、その日の夜中まで、
「いきなり、貴船神社文字出現」
現象が続いたのでした。流石に怖かった……

その翌日からは、いきなり貴船神社現象は影を潜め、
やっと落ち着いてくるかと思いきや。

今日は6年ぶりくらいにお会いする、アカデミックな仕事のクライアントさん。
下さったお土産は「黒船」。
「鶴見さん、今後、京都には行くの?」
行くなら声かけてほしいですね。
実は、貴船神社に行きたいんですよ。どうでしょう。
いえ、今は行く予定はありませんから。
残念、何故だかどうしても気になって。
それじゃ、とりあえず一つだけ教えてくれますか?
貴船神社、という言葉からあなたがイメージする言葉は?
うーん(゜゜;)
なんとなく、ですが
「Back to the Future」
と、そう思います。
そうか、ありがとう。自分も考えてみますよ。

……と、出来事が続き、しかしながら現状は安泰、問題は特に無し。

しばらくしたら、何かわかるのかもしれません。
貴船神社に、行く事になるのかもしれません。
今はまだ、今のままで。

Back to the Future!