ひとつの事例。


日没時の江ノ島周辺。
まるで、モネの絵画のような世界。

前回のブログで、
私も流石に「因縁」という現象が実際にある、と
認めるようになった事と、それに関する自分の考えを記しました。
それを決定付け、経験からの対処を考えさせられた事例、
を記してみたいと思います。
あくまでもひとつの例であり、
因縁というものは本当に複雑にからみあい、それを紐解いたり対処するのを見様見真似でする事は大変危険である事はあらかじめ、記しておきたいと思います。

三十路を少し過ぎ、華やかなお仕事をなさっている
才女であり、美貌も兼ね備えたお嬢様を持つお母様が
リーディングにおいでになりました。
お嬢様に結婚したい相手がいるがかなりの年下であり、
しかし交際年月は数年間、と年齢の割には長い。

「私は結婚させたくはないんです、
ほら、おわかりになるでしょ。
結婚とは、家の格式や本人の品位が釣り合うか、
それが大切な事ですよね。」
私は、はい、ともいいえ、とも言わない。
こういう場合、後から
「あのとき、鶴見さんが相槌を打ったから、
私はこういう言動に出たのに!」
といってくる方もいらっしゃるから。
いやいや、それは身覚えが、と言っても埒があかなくなってしまうのは私はも困るので。
「でも、娘はどうしてもどうしても結婚する、
出来ないならば生きていても仕方ないと号泣するんです。
もう、どうしたら良いものか…」

それは確かに考えてしまいますよね。
それではリーディングしてみましょう。
あれ?あれ?うーんうーん(+_+)。
暫くの沈黙のあと、私は思い切って話し出す。
「あの、ですね。
私は因縁とか前世とか、簡単に口にしないんです本来は。
それを理屈にしたら、無理が通れば道理が引っ込む、
ような事もたくさん、生じてしまいますから。
しかしながらですね、今回は敢えて申し上げますね。
お嬢様と、このかなり若い彼は
前世で心中した仲、なんです。
前世ではお嬢様は商家の人妻、彼は年下の使用人です。
だから、引き合ってしまう、離れる事がどうしても出来ないんですね。
この二人にどうしても別れなさいと言ったら、本当に心中してしまいそうです。
ですから、この二人は結婚するしか無いのだと思います。」

「またか、なんですね…」
え?お母様、何か?
「ああ、またかと思ったんですよ。
娘は前の彼氏さんとも、心中騒ぎを起こしました。
瀬戸際で、防げましたが。」
まあ、そうですか。
その方よりも、今度の方のほうがお嬢様にとって本命です。
ですから、実行しないように結婚を許可するしか…

「しかし、娘は見合いもしておりましてね。
私はその人がとても気に入っております。
その人と結婚させたいのです。どうしても。絶対に。
だって、不幸になるのを見て見ぬふりは出来ません。」
うーんうーん(+_+)うーんうーん(゜゜)
カードを繰ってみる。
「うーん。あのですね。
確かに、お見合い相手は裕福だし、学歴も素晴らしい。
収入も、社会的地位も高いです。
その点は、お嬢様も理解しておいでで、
この若い彼と出会っていなかったら、お嬢様はこの方を選んだでしょう。しかし…」

「そうですか、それならばそれでわかりました。
良い答えです。
娘を口説いて、口説いてこの見合い相手と結婚させます。
その後、うまく行かなくなって娘が若い彼と駆け落ちしたら、それは致し方ないと思えます。
とにかく、このお見合いは成功させます。」

あの。お母様。
お母様、このお見合い相手が大変、気に入っておいでですね。
うーんうーん(+_+)言おうか言うまいか。
あのですね、このお見合い相手は
前世のお嬢様が捨てた夫、なんですね。
そして、貴女はその夫の母親だったようですね。
前世で、妻が心中した後で、
親子仲良く、寄り添って暮らしていったようですね。

クライアントさんの目から涙が滴り落ちる。
ぽとぽと。ぽと。ぽと。
嗚咽で、声にならない。
「わかりました。全てわかりました…
娘には、それこそ因果を含めて
お見合い相手と結婚してもらいます。
その後は構いません、好きにさせます。
私は一生、娘婿を支えていきます。」

…今の話をお見合い相手には出来ないけれど、
でも、とてつもなく理解不能な話ではあるけれど、
そうすれば何故か、みんなシアワセであると
それが因縁、というものなのだと、私は理解したのでした。

簡単には使わない、
慎重なリーディングと対処が必要な因縁問題。
非常に難しい技術と、深い知識、人道的観念、宗教意識を必要とする、
「私、鶴見」にしか出来ないリーディングと申し上げて
差し支えないと思っております。

「因縁」とは。


庭のメダカ鉢の睡蓮が咲きました。
なんて清楚で美しい。

私は余り宗教的ではないところがあり、
シャーマニズムは組織的宗教とは異なる部分があり、
また大きな声では言えないのですが
500万の墓石を建てれば全てが安泰とはちっとも思わないので、
クライアントさんから良く聞く、「因縁」という言葉には
正直、アレルギー反応を起こしていました。
そんな、自分のミスを棚にあげて因縁のせいにする?
とか、
理屈がつかないことは因縁になるの?
とか、
何より、因縁をワンコインで解除しますよとか、
逆に因縁を祓うからと3000万取られました(でも、払ったのは自分の意思ではありますよね…?)とか、
毎日、一回は「因縁」という言葉を聞くことを疑問に思っていました。

しかし。
最近、やはり因縁はあるんだとしみじみ感じる事例を何件か続けて拝見したり、
巨額の金銭を支払いながら因縁が更に深まっている案件が持ち込まれたりして、
いよいよ知らん顔出来なくなってきたかしら、という感じ。

とはいえ、私はリーディングが現況仕事なので、
因縁対応をします、と声をあげたりは今はしないですが、
因縁事は因縁事として、
誤魔化さず、スルーせず、必要に応じて対処していく事も考えています。

それはヒーリングではないようでいて、
魂のヒーリングにはつながると切実に思うので。

もうすぐ彼岸。
季節は変わり、秋へと向かいます。
皆様、ご自愛くださいませ。

因縁話は、次回に。

腹ペコあおむし。

先日、このブログで写真をあげた、
鳥の糞にそっくりな、アゲハの幼虫。
立派なアオムシになっていました。
みどり色が本当にきれい。
もう少しでサナギへと進化するでしょう。

たくさん葉っぱを食べて、
小鳥やカラスの目から逃れて、
頑張って、頑張って、
一生懸命、生きていこうね。

アゲハになったあなたを見たいな。

ミラクル。


先日の満月。
薄くかかった雲がプリズムの役割をしたのか、
幻想的な優しい満月でした。

若くして難病を発症し、10年の闘病を続けるご主人さまを看病している、やはりまだ若い奥様。
奥様は、二人が出会った頃から相談を受けているクライアントさん。
症状は下降をみせ、最善の努力を続ける奥様。

ちょっとメールのやり取りをして、
奇跡が起きないかしらと仰る彼女に、
貴女の愛こそが奇跡だと私は思います、とお伝えしました。

彼女からの返信は、

愛こそが奇跡、深いです。
そこまで愛せることが奇跡…ですか…。

確かに。
この10年を考えると奇跡ですね。
まさか結婚するとは、出来るとは思わなかった。
こんなに好きな人に出会えるとは思わなかったし、奇跡ですね。

感謝です、夫に。
ありがとうございます。

二人に奇跡が訪れますように。

出来ること出来ないこと。

未曾有の勢力を持つ台風10号が北上しています。
被害が少なく済みますよう、お祈り申し上げます。


台風前の空。
地面から湧き上がるような雲が、ガメラみたい。

空の碧、がとてもきれい。

先日、みえたクライアントさん。
新しいスタイルのカフェをオープンなさる、というお話。
素敵なカフェになりますね、集客は心配ないでしょう。
リーディングをしつつ、クライアントさんは
ラテ等を作る手順の動画を見せてくださったりしました。

丁寧に気配りされた手順で、だんだんとラテが出来ていく。
その画像を見ながら、
5年ほど前に受けた、父娘の相談をふと、思い出しました。

その頃、娘さんは高校生。
私は20歳以下の方のリーディングは受けない主義で、
どうしても、との理由が無い限りは高校生のリーディングなんて、とんでもない!のですが、
長年のお付き合いのクライアントさんの渾身の依頼で、
保護者同伴、内容により途中切り上げありという条件で受諾。
当日は父親と一緒にみえました。

「とても素敵なカフェが近所に出来て、どうしてもバイトをしたくて応募し、採用されたんですが。」
……それは良かったですね。
「でも、コーヒーを作る研修中に、周りの人と余り上手くいかなくなって。」
……それは残念でしたね…
「それで、まだ辞めたくなかったけど辞めました。
でも、どうして私が我慢しなくてはならなかったのでしょうか。
それが私の、カルマでしょうか。」

…最後にメガトン級の、話の前後がつながらないコトバ。
アルバイト辞めるのがカルマ?
いやいや、そういう展開にカルマ、というコトバを使ったら、ますます何だか、わからなくなりそうな。

「あの、コーヒーの淹れ方が全く、だめ。許せない。」
「温めたミルクを入れる方法、あんなんじゃ、だめ。」
え?マニュアルですよ?
かわいい顔の高校生は、ニコニコしながら
「私のやり方じゃないと、あのカフェはだめになるの。」
いやいや、マニュアルってそういうものではないですから。

「だって、あんな方法ではダメ。」
「正しいのは娘です。この子は感性が良いんです。
娘は傷付いて、不登校になってしまいました。
カフェに損害賠償をしつつ、経営権を取れたら取ろうかと。」
??????

どえりゃー人たちをねじ込んできたな、あのクライアントさんもペナルティだ。
と思いつつ、全く噛み合わないそれぞれが一方通行の話をしつつ、時間終了。
最後まで、高校生は
「私がやりたいように、どうして出来ないの?」
と聞いてきて、納得するまで帰れないと繰り返していました。

その後、風のうわさで
父親と娘さんは詐欺行為で捕まった、と聞きました。
父親は確かに山っ気があったけれど、
娘さんは、本気で全てが自分の思い通りにいくと考えでいました。
境界性人格障害。
出来ること、出来ない事が判別出来ない障害。

何事も、本物を維持するための
大切な手順はある、といつも思います。
そして、彼女はきっと、
あの父親の娘、となることがカルマなのだろうな、と。

カルマの為に生きるのではない。
カルマを言い訳にしたくはない。
でも、カルマを教えてくれる人はとてもとても少ない。

夏が行く。


庭の柚子の若葉。
よく見ると、小さな小さな丸いものが葉っぱについているのがわかるでしょうか。
少し白っぽいものと、少し黒っぽいもの。

これはアゲハのたまごなんです。
多分、この柚子の木でこのアゲハは育ったのでしょう。
「実家」にたまごを産みに戻る性質が、ある種の蝶にはあるそうです。

この家に移り住んだ時、
アゲハやクロアゲハがよく飛んできて、
邪気祓いに植えていた金柑にたまごを産み付けていました。
金柑一本だけでは産卵場所が足りないかな、と柚子を2本
追加して植えまして、
それからは毎年、アゲハやクロアゲハが産卵に来るようになっています。

今日で8月が終わります。
今年はコロナの影響のせいか、
はたまた酷暑で頭の活動が鈍るせいか、
季節感が余りなく、いつもふうふう、ひいひい
言っているうちに暦だけが過ぎていく、という感じです。

白っぽいたまごはまだ、産み付けて間もないたまご。
黒っぽいたまごは、もうすぐ幼虫になるたまご。

若枝が伸びてきていたので、邪魔かなと何気なく手折ったら、青虫になる前のアゲハの幼虫がいて、
赤い角をにょきっと出して、頭を振って怒っていました。

ごめんね、ごめんね。怖かったね。


葉っぱにピントがあっていますが、
中央のボケた、鳥の糞に擬態しているのが幼虫です。
赤い角は引っ込めてくれました。

この幼虫がちゃんと青虫になり、サナギになり、成虫になれますように。
気候次第で、さなぎのまま越冬するか、成虫で越冬するか、
いずれにしても秋産まれの蝶は、春産まれより過酷な季節を生き延びていかないとなりません。
しかし、比較する対象を知らないこの幼虫は、
もくもくと、たくさん葉っぱを食べながら変態を待つのでしょう。

頑張ってね。
秋に、そして来春に、蝶になったあなたを見せてね。

行ってらっしゃい。


夏の江ノ島付近、真夜中の空。
不思議な光。雷雨ではなく。

33年間お付き合いし、26年間一緒に暮らした
姑が先日、他界しました。
寿命を全うし、幸せだったと思います。
葬儀が済んで、仮祭壇を設置しています。

今朝の夢で、
いつの間にか姑が若返って帰ってきている。
まあまあ、おばあ。こんなに若返って。
ご飯食べる?ビール飲んじゃう?
姑は楽しそうに飲み食いし、テレビをみている。
お酒が無くなったから、買いにいくねと私は家をでる。

ビールや酎ハイを買って帰ってくると、
一階のベランダの窓から姑が出掛けるところでした。
おばあ、出掛けるの?お土産、たくさん持った?
私は声をかける。
そんなとこから出ないで、玄関から出れば?と。

姑は、
いやいや。もう玄関からは出られないのさ。
玄関から出入りするのは、もうお盆の迎え火と送り火のときだけさ。
私らはお盆、やらなかったけどさ。
アキヨさん、あんたはちゃんとやってよね。
じゃあ、行ってくるよ。

そう言って、姑は早足ですたすた出掛けていき、
私は目が覚めました。

おばあ、行ってらっしゃい。
大丈夫、私はお盆の所作はわかるから
子供たちにも教えるからね。
お世話になりました。

婚カツをなさっている方へ。


残暑お見舞い申し上げます。
今年の夏は、また一段と暑くて暑くて。
猫も犬も、なんとなくゆるゆる状態。

弟子の天野ゆうじさんが、
婚カツに関してブログに記しています。

https://iaoh.jp/blog/amano/

男性の目からみた婚カツ、
どうぞご参考になさってくださいね。

暑いので…


毎日、本当に暑いので。

学芸大学オフィスに、室内噴水を2つ、設置してみました。
かすかな水音。
優しいひかり。

空間の浄化にも一役、買ってくれています。