花火。

気がつけば暦は7月になっていました。2019年も残り半年。ボソっと「早いなぁ」と呟いた声と表情も一緒にドライブレコーダーに記録されています(笑)

7月10日に『鎌倉花火大会』がありますよ。

『なぜ夏に花火?』息子が中学生の頃に夏休みの宿題て調べていたなと、懐かしい気持ちで思い出しながら調べてみることに。

❇︎1732年(江戸時代中期)日本で大飢饉(享保の大飢饉)が起き、江戸では疫病(コレラ)が流行った、それがきっかけだったようです。《享保の大飢饉とは、江戸時代中期に起こった飢饉で、 江戸四大飢饉の一つに数えられる。》

大飢饉とコレラによって多くの死者が出た中、当時の将軍・徳川吉宗が、翌年1733年(享保18年)に「死者の慰霊」と「悪疫退散」を願い、隅田川の川開き日に水神祭(お祓い)で、その際に花火を打ち上げました。❇︎

少し思い出しました。夏休みの宿題のこと。(笑)

花火が打ち上げられ、ドン!という音がお腹に響き、そしてたくさんの色や形の花火が咲きます。今年も全国各地で夜空に咲きますね。

 

マザーリーフも大きくなりました。

 

 

June。

梅雨なのに、晴れた日が続いていますね。

「夏」を感じさせる空です。田植えもすっかり終わって、収穫の頃には、黄金色の稲穂が風に揺れているのでしょうね。お米が大好きな私にとって、「新米」はとても待ちどおしいです。

 

 

柿の赤ちゃんを見つけて、

 

 

猫が涼んでいて、

 

紫陽花はイキイキと。

 

6月18日の夕暮れ

夏至までもう少し。19時30分の夕暮れは富士山を見せてくれました。

 

気になること。

関東地方も梅雨に入りましたね。いま鎌倉は、紫陽花が主役になっています。

昨日、近所で咲いていた紫陽花

北鎌倉の明月院(アジサイ寺とも言われています)は、「明月院ブルー」を愛でようと観光の方たちで賑わっています。東慶寺の花もおススメです。ハナショウブ、イワタバコ、ガクアジサイなどが見頃だそうですよ。

先週、西鎌倉でお客様が降りられた後に『青蓮寺』に寄り道しました。「鎖大師」の名でも親しまれています。何故、鎖大師?膝が鎖で動く弘法大師像(国重要文化財・通常非公開)なのだそうです。

「青蓮寺」は以前から、お客様を送る事が多かったので、とても気になっていました。そして「鎌倉ガイド協会」のSNSを見てもっと気になっていたのです。チャンスは訪れました(笑)

数十年に一度咲くと言われている「アガベ」。日本名では「リュウゼツラン」の花が咲いている ということで寄りました。

見上げるほどの高さで、「ジャックと豆の木」ではないけれど、ぐんぐんと空まで伸びていきそう。

ちょっとした時間を利用して休憩。伸びをひとつして、仕事再開(笑)

調べていてわかった事ですが、アガベ(リュウゼツラン)といえばテキーラの原料で有名な植物だそうです。(^o^)/

 

立葵(タチアオイ)。

仕事中(空車)に立葵を見かけました。気がついたら、涙がポロポロと流れていく。

母の通院する病院へ行く道中、時期になると毎年たくさんの『立葵』の花が咲いている場所がありまして。母は「あー綺麗だねぇ。うちで咲かせられないかね」といつも言っていた。その場面が思い出されて、涙が止まらない状態に。

母を見送って約9ヶ月過ぎました、今まで「わかっている」けれど、「認めたくなかった」のかもしれないです。

今年からひとりで見る『立葵』。ふと、すぐそばで母も一緒に見ている気がしました。

悲しいけれど、淋しいけれど、ずっと最愛の家族だって。こんな自分の気持ちと、自分のペースでうまく付き合っていけたら良いなと思いました。

夕飯を食べたら元気デス(^-^)

 

↑買いました\(^o^)/

ねぇ ムーミン。

「ムーミンバレーパーク」へ行ってきました。

ムーミンは、スウェーデン語系フィンランド人のトーベ・ヤンソン(1914—2001)によって生み出されました。ムーミンを知ったのは、確か小学生⁉︎だったと思います。アニメで見ていました。あの頃の私はムーミンは「カバ」スナフキンとミィは人間だと思っていたのですが、違いましたね(汗)

有料ですが「ムーミン屋敷」の中も見る事ができます。

日本のムーミン谷は、埼玉県飯能市の宮沢湖のまわりにあり、metsä village(メッツァ ビレッジ)もあります。

出かけた日は、そこそこ暑くなるかもという天気予報でしたが、木陰に入ると居心地が良くて、風もそよそよと吹いていたので、お出かけ日和でした。

お好きな季節に、お出かけしてみては?駐車場もありますし。かっこいいスナフキンにも会えるかもしれません(笑)

ワイヤークラフト。

今日はお休みでした。以前から約束をしていた友人とランチをして、食後に少しお店を見ようと『ユザワヤ』へ入りました。可愛い布がたくさんありまして、目をキラキラさせていたら、『ワイヤークラフト』をやっていました。しかも材料費代だけで作れるなんて!と感動しながら、即二人で申込みまして制作開始。

慣れないので、指先に力ばかりはいってしまうのです。

そして、約1時間半後に出来ました(^^)左は見本。右の緑色のワイヤーの方が私です。

家に帰って、ポストカードを挟んでみました。カードが歪んでしまう事がわかりまして(笑)後でカードの大きさを調節しようと思います。

「無」になってワイヤーを切ったり、巻いたりして久々に充実しました。横で作っていた友人は「もう限界、カラータイマーが光ってる」(笑)お互いにかなり集中して作っていたようです。そして今でも指先が痛いです。

bird。

 

いつも仲良く二羽で行動している鳩がいます。夫婦なのかな。上の写真の鳩は目立つ色をしているので、すぐわかります。意外な場所で見かけたりして、『ここにもきてるの?』と驚くこともあります(笑)ちょっとネットで調べてみたら、鳩の行動範囲は20kmぐらいだそうです。

ツバメも巣をつくるのに忙しそう。

最近は鳥を見ている事が多いのですが、鳥の名前がわからなく、特徴を探してスマホで調べたりしますが、何か違う。ハンドブック的な「鳥図鑑」を本屋へ探しに行こうかと思います。暑くなる前に、鳥が集まりそうな公園に行ってバードウォッチングをしてみたいです(^-^)

上の写真は、スズメ達が情報交換?している様で、みんなでお喋りしていてとても賑やかでした。

こどもの日

今日は『こどもの日』ですね。私が今のお仕事を始めてから、毎年ながめてしまうお家がありまして。その家は大きい鯉のぼりから、小さいものまでたくさん泳いでいるんです。今年も風が吹く日は、気持ち良さそうに泳いでいました。

今日、迎車で病院まで行きお母さんと女の子3歳くらいの親子を乗せて自宅まで。その道中に女の子がうたを歌ってくれました。

「パプリカ」という曲名で私は初めて聴いた曲でした。女の子の可愛らしい声が私のハートをキュンとさせるし、マスクの下では口角あがっちゃうし(メロメロ)車を降りる時に、満面の笑みで「バイバイ〜」と言って手を振ってくれました。「めちゃ癒されてしまった〜♡」と呟いた私の声はドライブレコーダーに記録されています(笑)

家に帰り「パプリカ」を改めて聴きました。その時に思った言葉は

「可愛い天使からのプレゼントだ☆」でした(^o^)

 

黄金週間。

今、GWですね。私は普通にお仕事しています(笑)鎌倉は人、人、人。場所によっては、歩道から人がはみ出ています。出かけた初めての場所、小さいお子さんは興味津々でキョロキョロ。大人の方、どうぞ手を繋いで歩いてあげてくださいね(^-^)

紫陽花のつぼみを見つけました。春の季節から、新緑が増す次の季節へと準備が始まっているのですね。この紫陽花は何色の花を咲かせるのかな。

歩いていて、見あげたらこの景色。とりあえず一枚パシャリ。おもしろい空でした。

マザーリーフ成長しています!土のお布団は心地いいかな?

 

もうすぐ年号も「平成」から「令和」へ。love&piece♡  皆さまが穏やかに過ごせる時代になりますように。

 

ドキドキ。

タクシーの運転手をしていて、ドキドキする事がふたつあります。(私だけかもしれませんが)一つ目は「行き先が知らない場所や、遠距離を走る時」二つ目は「外国の方が乗車された時」。先日、二つ同時にやってきました(汗)

別件で葉山までのお仕事。

某日、都内の某ホテルまでと外国のモデルさんのように美しい男女のお二人が乗車されまして、しかも英語圏ではない方で、お互いに共通するのは『英語』だけ。今は有り難いことにスマートフォンがあるので、大体の方は行先の詳細画面を見せてくれます。ナビに住所をいれ、有料の高速道路に乗っていいかを確認しまして。(相手の方は「ペラペーラ〜」私は、おぼつかない単語のつなぎ合わせ(笑))

心の中で『うわー初めての場所だ!ホテルの前につけられるのかな⁉︎首都高、間違えないように!あー英語ちゃんと勉強しておくんだった!(笑)ドキドキ×2』という事を心の中で叫んでいるのです。そういう時は相棒の車に『私も頑張るからゴールまで連れて行ってね』とハンドルを握りながら心の中で声をかけるんです。自分を落ち着かせるための言葉になるんですかね。

夕方だったので、都内に入ると道路はそこそこ渋滞していて景色は暗くなるし、建物が見にくくなってドキドキ感UPでしたが、しっかりベルボーイの所まで辿り着きました。相棒よありがとうございます。

帰り道は、お気に入りの音楽をかけてゆっくりと帰ってきました。ひとつ緊張感がとけましたが、気は緩ませずに安全運転で鎌倉へ帰ろう。

前に乗ったリムジンバスからの景色

私は夜の首都高速を走るのが好きです。テールライトや景色の中にある灯りがドンドン流れていく。あの不思議な感覚が。