素敵なジャズシンガー、エリさん。

クライアントの素敵な台湾人ハーフジャズシンガーさんがこの度、CDを出されたのでご紹介致します。
東大卒業、アメリカ留学後帰国、OLを経てジャズシンガーデビューしたエリ リャオさん。
在学中は「美しすぎる東大生塾講師」としても有名人だったエリさんは、多言語を自在に操るスーパー才女。
それなのに少女のように可憐で愛らしい方です。

CDでは台湾原住民音楽、ジャズ、前後まもない日本華陽、テレサテン等、古今東西のうたを奏でます。
ギターは知る人ぞ知るファルコンさん。
ベースは小牧良平さんです。

自分の事はわからない。

実はUFOキャッチャーが大好きで、この可愛いピヨピヨさんたちは、UFOキャッチャーの成果です。

クライアントさんによく言われるセリフ。
「いやー、これだけ解ったら人生に悩む事なんて、ないですよね。羨ましいですね~。」
「いえ。自分の事はぜんぜん、わからないですね。」
「そんな事はないでしょう、生きるのが楽でしょ。」
「生きるのが楽だったら、此処でこのような仕事の仕方はしていない、と思いますよ。」
「…………………」
「……………………」

確かに、自分の事をリーディング出来ないわけではないのです。
でも、厳しすぎて泣けてきます。
本当に本当に悩んで、リーディングしているのに
「馬鹿。」
とか
「全てが経験。」
しか、出ないのです。どうやっても。
折れます、これには。だからしません。
クライアントさんには、そんなに厳しい事はまず無いのですが。

自分の事と宝くじの当たり番号が解れば、きっとこの仕事は止めて、優雅に日々を過ごしているでしょう。
でも、大切な出会いに満ちた日々を過ごせる事を心から、有り難く思っています。

ブレスレット作ったりします。

いつでもお受付してはいないのですが、(ごめんなさい!)クライアントさんのご希望に合わせまして、パワーストーンのブレスレットを作成しています。
原価にてのお譲り(NPO活動の為)にて、一つ一つ、願いを込めて作成しています。
上の写真は、インカローズのみで作成した、
「恋愛にスゴく良く効く」ブレスレット。
インカローズは鮮やかな深いピンクであるほうが、情熱的な愛を呼びます。
でも、愛が炎になってしまうと弊害もあります。
情熱的に走りすぎないよう、優しいたおやかな愛で中和。
少しグレードが違う桃色インカローズを挟んでいます。

画像が縦になっていてごめんなさい、直し方がわかりません……
こちらは女性向きの
「仕事運アップグレード」用ブレスレット。
チャロアイトの大玉を配して、仕事をしても女性らしい癒しを周囲と自分へ。
ラピスラズリ、ムーンストーン、ジャスパー、ブルータイガースアイ、レッドタイガースアイ、ラブラドライト、ルチルクオーツ等、ストーンを多用して相乗効果を期待します。

身につける方のお幸せを願いつつ。
今晩も自宅リビング工房でマニュファクチャーです。

たい焼きが好き。

とにかく甘いものには目が無くて、スイーツを頂かない日はありません。
洋菓子も和菓子も好きですが、ダントツは「たい焼き」です。
今川焼は同じ構成なのですがやはり、たい焼き。
それは(形あるものは意味を為す)という、アニミズムに通じてくるからでしょう。

アニミズムとは原始宗教の考えで、すべてのものに神(精霊、エネルギー)が宿るという考え方。
だから、たい焼きには小麦粉と餡と卵のエネルギーに加えて、鯛という形状が持つエネルギー、例えば「強い」、「美しい」、「稀少」、「美味しい」……というようなエネルギーが盛り込まれるわけです。
だから、たい焼き食べるとスゴく元気になる、のもちゃんと理屈あっての事なんです。

実際には、タロットリーディングはかなり、頭を使うので糖が欲しくなるという理由もあるのですが。
「楽そうなお仕事ですね~」
と、たまに初見のクライアントさんに言われたりしますが、
「見た目よりハードなんですよ~」とお答えしています。

デジカメとスピリチュアル

デジタルカメラ。
スマホのデジタルカメラが高画質になり、かなり鮮明な写真が撮れるようになってきました。
さて、そのデジタルカメラですが、実はとってもスピリチュアルなツールなんです。
ただひたすらに、正確に緻密に被写体の「そのものズバリ」(エネルギーをデータ化する)を具現化してくれますので、可視力を越えた情報をわたしたちに与えてくれる事があります。

例えば下の写真。
NPOメンバーさんが今年春、自由ヶ丘でサプライズバースデーパーティーを開いて下さって、
そのときに撮れたものです。

右手に何か、光源が出来ています。
その時、外部からの照射はありませんでした。
その後、

よく見ますと左手の手のひらが歪み、穴が空いているのがわかります。
右手も、穴が空きかけているようです。
勿論、リアルタイムでの肉眼視では、全くこのような変化は見られませんでした。

何かしらのエネルギーの歪みや動きが生じたために起きた現状ですが、こうして画像になるとわかりやすいですね。

技術は必要なく、一眼レフではなくても十分、撮れるものです。
ポイントは、
「撮影者、もしくは被写体がエネルギーに感応しやすい事」
かな、と思います。

あなたもデジタルカメラを使って、
思わぬ時に、思わぬところで、
エネルギーを被写体に出来る事があるかもしれません。

「恨んで良いですか?」

「……多分、初対面だと思いますが、私が何か?」
いきなり、クライアントさんに切り出される事は実は、少なくありません。
「いえ、あなたをではなく。私を捨てた彼を。」
「リーディングは致しますが、呪術は営業項目には入っておりません、悪しからず。」
「あ、勿論そうです、リーディングしてみてください。恨んで良いかどうか。」
「お客様、僭越ですが100人の人間が居れば、100の正義がございます。人は皆、自分が正しい。それはアイデンティティーでもありますから、当然です。その正義を判断する為に法はあります。私はNPOを率いていますし、公序に反するリーディングは致しませんが、宜しいですね?」
一応、確認しておきませんと、話って尾ひれが付きやすいので…
「??…はい。とにかくリーディングしてください。恨んで良いかどうか。」
「………」

正直申しますと、私は人を恨むのは自分の意志なのでどうぞどうぞ。です。
もちろん、人を恨まば穴二つ、とは申しますが、穴に嵌まるくらいで積年の想いが晴らされるならば、フィフティフィフティ、じゃないかと思います。
恨んだらいかん、恨んだらいかん、と思っていたら恨んでいないか、と言ったら意識は恨みに向いているわけですから。

もともと、呪術というものは古来、絶対的な権力者に向けられたものでした。
下々の者は、どんなに酷い残酷な仕打ちを権力者から受けても、泣き寝入りしかありませんでした。
そんな民衆の、たったひとつの反抗の手段が、呪詛呪術だったわけです。
それは侮れない事ではありますが、しかし、怖がる対象でもないかとも思います。

多分、恨まれる人はそういう人で、何処でも罪悪感なく、同じようなことをするわけです。
自分は自分の正義を貫き、正しいわけで自己評価は善人です。
法的には問題はないから、でしょう。
例えばつよく恨む、というのもひとつの呪術です。
それは気付かない間に自分のエネルギーを蝕み、ネガティブを引き寄せたりします。
そうなんです、そうして自分の体を恨みのヨリシロにして、相手にネガティブエネルギーを送る、という事になるわけです。
明確な、エネルギーの法則性。

だから、わたしは申します。
「どんどん恨んじゃって良いと思いますよ、自分にも来ますが相手にも少しは行きますからね。たくさんの人に恨まれれば、相手の周囲の、負のエネルギーが増えていくでしょう。それが因果応報という事だと、わたしは理解しています。」

タロットリーディングでは恨みは晴らせませんが、その心の原点を確かめる事は出来ます。
大切な日々を出来れば、ポジティブに。
そう思ってクライアントさんをお迎えしています。

相棒②

DSC_0023

前回に続いて、仕事の相棒の紹介です。
ラリマー。
世界三大癒しストーンの中で多分、最も有名なストーンです。
その清楚で柔らかな色合いは、泡立つ海面に似ていると言われたり、海ガメの卵と酷似していると言われたりしています。
じっと見つめているだけで優しい気持ちになってくる、美麗なストーンです。

癒し、なので何かを叶えるような強くパワーがあるわけではない。
凛として譲らず、それでいて包み込む優しさを抱いているように感じます。

以前はラリマーのような優しいストーンは、百鬼夜行が飛び交うようなリーディングの現場には、全く合わない。
と、思っていたのですがためしに着けてみたらこれがなかなか良いのです。
精神集中にも良いですし、気持ちを和らげてくれますし、優しくエネルギーチャージされているような感じになります。

癒し、という言葉が世間のあちこちで安易に使われるようになっていますが
ラリマーは癒し、というより「能動的な死力回復センター」のような役割をしているのかもしれません。

相棒①

DSC_0022

左側がブラックルチルクォーツ、右側がスーパーセブンのブレスレットです。
リーディングのお仕事の相棒です。

パワーストーンには効果があるの?
と、よく聞かれますが私自身はある、と思っています。
ただ、願いを叶える効果があるか?と問われたらうーん。わかりませんが少なくとも私には余り無いように思います、とお答えしています。
それならば何に効果があるか、と申しましたらやはり、自意識の向上とそれがもたらす能動性かな。
と思います。
他力、ではなくて自力UP。

ブラックルチルは自力UPではなく、純粋に魔除け邪気避け、で使っています。
スーパーセブンは個人的には、男性的なストーンかな、と思っています。
安定した合理的な能力の維持に有効、と感じます。
たから、両方とも仕事の時だけ。
プライベートでは着けません。

パワーストーンは好きなのですが一般的に言われている効果と、私が感じる効果は同一ではない場合も少なくないので
(例えば、ルチルクォーツ。金運のストーンと云われていますが、私はヒーリングストーンとして使います。)
いろいろと、ご紹介していけたら。と思っています。

犬猫に関する事。

我が家の最長老猫、20歳の雌です。
足腰は弱りましたが、お蔭様で元気に暮らしています。
私は幼い頃から動物が大好きでしたが、犬や猫を飼い始めたのは結婚してからです。
今は猫だけ4匹ですが、以前は犬1匹猫8匹の大所帯でした。
ゆっくりと一緒に過ごせる時間が少なく、でも出来る限りの事はと思っていますが…充分ではなくてごめんなさいね、といつも思っています。

大切なペットに関するリーディングも承っています。
獣医師ではないので、医学的な見解はご容赦頂いておりますが、人間と同様にリーディング致します。
ただ、擬人化はしないのでスイートな返答になるわけではありませんが、「その仔にとっての主観的見解」でリーディングして参ります。

愛するわんちゃん、猫ちゃんに哀しいけれど、虹の橋を渡る日が来て。
私たちは涙にくれながら見送ります。
でも、時に虹の橋を渡らず、
「犬守り」「猫守り」になる仔がいます。

「犬守り」は、飼主さんの命を護る番犬になる仔。
「猫守り」は、飼主さんのネガティブを緩和する役割をする仔。
いずれも、「まだまだ、大好きな飼主さんと一緒にいたい。」
と、ペットが自らその役割を志願?するようです。
これはどうも、仏教的な成仏の理念とはまた異なるようで、
敢えて言うならば、その仔のカルマなのかもしれません。

ペットと共に暮らす、それは御縁だけではなく、どうも、カルマが影響している場合もあるのでは。
現場のリーディングからも、また私自身の生活の中でも、それを痛切に感じる場合は少なくありません。
皆さまのおうちの可愛い仔たちが、幸せに長生きしてくれる事を心から祈っております。

「禅問答」

私はシャーマン兼務のタロットリーダーではありますが、
宗教家でも霊媒でも魔女でもありません。
ただ職業柄、いろいろな捉え方をされる場合が多く、確かに対処は事例により千差万別なのでクライアントさんにより、感じ方もまた、千差万別になるようです。
そんなわけで、リーディングの現場では時に、禅問答的な会話展開になったりします。

Aさん。
「あなたには何が見えるんですか、何でも見えるんですか、僕の未来は薔薇色ですか。」
私。
「私には目の前のタロットカードとあなたが見えています。」
Aさん。
「だから例えば。僕の後ろに不動明王がいて守っているとか。」
私。
「私は目に見えるものは信じないんです。視力は脳内の智識に影響されます。私の智識が及ばないものは認識されなかったり、ねじ曲げられたりするでしょう。それをあなたに伝える必要を感じません。」
Aさん。
「うーん。じゃあ、僕の後ろには何もいないんですか?」
私。
「お客様はタロットリーディングをなさりにいらしたのではないんですか?」
Aさん。
「だって、そういうのが見えないと未来は見えないでしょ?」
私。
「少なくとも、薔薇色の未来という、ハイパーファジーなものは見えないですね。あなたは幻覚の未来が欲しいんですか?」
Aさん。
「だからあ。僕は見て欲しいわけ、自分の未来を。成功していれば薔薇色なわけよ、普通は。」
私。
「はい、タロットでリーディングしますよ。未来だけではなく、過去からカルマから、何もかも。勿論、佳き事も悪しき事も。それらは、変えていく事が出来る場合もありますし、変えられない場合もあります。それでは、始めましょうか。」
Aさん。
「ちょっと待ってちょっと待って。僕に悪しき事はないはずなんだ、薔薇色のはずなんだ。ねえ、薔薇色って言って下さいよ、オーラは金色だって言って下さいよ!」
私。
「さて。みんなリーディングしましょう。始めましょうか。」
Aさん。
「だから、薔薇色の未来がああああ…」

毎日、勉強させて頂いております。
私は宗教家ではないので、説教はしません。
辛抱強く聞いたりもしません、時間内にリーディングを致します。