私が幼かった頃。


私が2歳くらいの時の写真です。
当時は静岡県三島市の山沿いに住んでいました。
当時(50余年前)はみんな、幼児はシャツに毛糸のパンツで走り回っていたものでした。
(あれ?三島市の山中だけかしら?)

この頃の記憶は途切れ途切れ、ですが残っています。
じっと手を見る。
これは何だろう?
これを見ている私、は何だろう?
そう考えている私は何なのだろう?
これは私の一部分なんだろうか?
確かにそうだと思われる、でも私は自分の全体像がわからない。
だって、自分では自分の全体像が見えないから。
全体像が見えないのに、この手は私の一部である、とどうして言えるのだろうか。

そう考えながら少し、歩いてみる。
足が交互に出て私は動いている、周囲の景色が動く。
動いている私、動いているのを実感している私、
私は一体、なんだろうか。
なにを私、として考えているのだろうか。
考えるから私なのか。

当時は多分、もう少し幼い言語で考えていたのだろうな、とは思います。
ただ、概要はこのままです。
幼い私は、私を認識しようといつも考えていた。
手をじっと見つめて立ち尽くしていたそうです。
毛糸のパンツ姿なので、あまりさまにはなりませんが。

やはりこの頃。
兄たちが身体が弱く、母は半日がかりで兄を連れて医者に通っていたので、
私はよく一人で留守番をしていました。
田舎だったので、昔だったので幼子が一人、留守番が出来たのかもしれません。

母と兄たちが居なくなると
日替わりメニュー的に家の中に異変が生じました。
時には泣きながら歩き回る誰か
時には天井から落ちてくる肉塊のようなもの
何かの行列が部屋を横切ったり
私はひたすら絵本を眺めてやり過ごすけれど、時には「誰だこいつ。」と、わけがわからない何かが小突いてきたり。
余りに煩いと庭に出て、庭の隅に大きなメタセコイヤの樹があって、
その樹がとても優しくて、小さな洞に腰かけてしばらく時間を過ごしたり…。

風の声、木々の唄、光の綾、陽の匂い、夜の水気、闇の匂い、異形の音。
それらをいつも感じていられた、三島市での幼い時間は私の原形であり、
今でも時おり、その時間に意識が戻っていくような不思議なデジャブを感じます。

この写真を実家で見付けた時、
あ。私、笑って写っている。
(一緒に写っているのは父方の祖母です。)
良かったね、幼かった私。
とても普通。とても、全く。
そう、思いました。

…あなたは自分の手をみて、これは何?と思いますか?

アイスバーン。

アイスバーン、です。
半端に雪が溶けたあとに冷え込んで、固まった状態。
大変滑ります。

これはアイゼン。
北海道ならどのスーパーでも買える普及品。
これを装着して歩きます。

この季節になると思う事。
内地の中学生、高校生の修学旅行に雪国の雪掻きが組み込まれないかなあ、と。
京都もステキだし沖縄もロマンチックだけれど、
若い労働力を発揮出来て感謝される経験も、とてもステキじゃないかな、と。

師走。

11月より21連勤してしまいました。
今日から3日間、帰省。
その後9連勤。
クリスマスはお休みを頂いて年末は28日までの予定、年始は4日から開始致します。

師走はいつに増して手一杯で、
行き届かない点、何卒ご容赦くださいませ。

大晦日まで約3週間。
この時期に、扉が幾つ見付かるか。
佳き開きになりますように。

Koya Ogataという奏者。

初めてティンホイッスル奏者、Koya Ogata(尾形光也)さんと逢ったのは今年1月。
彼は、NPOのサイトを見て、ヒーラー認定試験に申し込みをして下さったのですが、
閉鎖間際の藤沢事務所への連絡だった為に
だれも電話に出ないどころか、留守録入れても返信無しで放置される事2ヶ月近く。
やっとその状況に気付いた私が慌てて連絡を入れ、此方も移動寸前の北千束のオフィスでの面接でした。
いつもなんですが、本当にバタバタ状態で、反省しています、来年は改善したい…です。

Koyaはとても優しい話し方をする、
柔らかな空気をまとい、少しのペシミズムと、青い灯火のようなゆらめく感性を持つアーティスト。
ティンホイッスル、というケルト民族楽器の奏者。
映画「タイタニック」のメインテーマで使われている、魂の咽びのような音色が特徴です。

彼は11月に、ニューヨークで靴職人さんとの異色コラボでコンサートを実施、
その際に和紙お香と共に愉しむカセットテープを作りました。
「センス1 阿吽」

カセットテープにはKoyaが作曲した四曲が入っています。
彼の演奏は下記サイトにアクセスすると再生する事が出来ます……出来るらしい、私は上手く出来なかったけれど。

http://koyaogata.com/
(問い合わせも此方のサイト。)

Koyaとは共鳴のポイントが何故か非常に似ていて、
ダイレクトに通じ、やり取りが出来る人。
会社員でもあり、しっかりと大人。
カセットテープはシリーズとして作成し、五感に響く、意識とのあうん(阿吽)を目指し、5部作となる予定です。

新作の都度、情報発信して参ります。

祈り。

1年ぶりにお会いする、旧知のクライアントさん。
お貸ししていた水晶玉の浄化とリーディングにお越しくださいました。

貸し出していたのは、こちらの水晶玉。

濃いスモーキークォーツにホワイトガーデン、フラワールチルが混ざった、幻想的な玉。
ご家族様のお加減が良くなりますように、との願いを託した水晶玉。
願いが届いたのか、1年間、不思議なくらい安定し、穏やかな時間を過ごせました、
でも水晶の色が少し変わってしまったような。
というお話しでした。

オフィスの巨大水晶クラスターの上に置いて一休み。
あれ?
水晶玉の中がパノラマ画像みたいに見えますが、左の端がルビーみたいに赤い。
中にある小さな影はドラゴン?それとも?

「私、この水晶玉が龍の瞳みたいだな、って思っていたから影が出たのかしら。」
と、クライアントさん。
でも、暫くしたらルビーのような赤も、ドラゴンのような影も消えてしまいました。

リーディングは、幾つかの数字の表示と、ほんの少しの言葉のやり取りだけで、
あとは二人でただ、涙の中。
「鶴見さん、私は支えていけるかなあ、そんなに強いかな…」
「強くはないけど、でもそれで良いの、大丈夫。」

私はただ、祈るしか出来ないけれど。
でも、祈ることは出来るから、深く。
12月は祈りの季節。全てを塗り替えていくために。

メルヘンタロット、ウィムジカル。

髪を20センチ、切ってきました。
毎年、年末の恒例行事。
一年間の滓を髪に託して切り離す。
そんな意識です。

疲れているから、癒されるカードでみて欲しいの。
そんなご希望がある時には、こちらのカードをお出ししています。
ウィムジカルタロット。

こちらは、恋人のカードですが、
「美女と野獣」がモチーフ。
繊細に丹念に、上品な色彩で描かれています。
とても可愛い。

こちらは戦車のカード。
「シンデレラの馬車」がモチーフです。

余りにも可愛いカードは、タロットカードとしての構成が曖昧になるのか、リーディングには適さなくなりますが、
このウィムジカルタロットは、そこそこはっきり、と出ます。

コインの5のカードは

なんと、醜いアヒルの子。
確かに、行き場が無くて助けを求めたい状態。

こちらはカップの4。

裸の王様のお尻が、なんてシュール。
このカードは、本来の「決められない」ではなく正に裸の王様、という意味に変化しています。

ただ、此方のカードは男性には反応致しません。
大抵の男性はピュアで、ドリーマーだからかな。
と思っています。

電気体質と霊現象。

今日から師走。
本当に時間が経つのが早くて、びっくりしてしまいます。
先月、気付いたら右膝が痛く、
結局、膝半月板及び靭帯の両方を損傷しておりました。
頸椎症性脊髄症からの麻痺があるので、気付かなかったみたいです。
(普通は気付くらしいですが…)
おかげさまで一昨日くらいから、歩行に難なくなりました。

昨日、お会いしたクライアント様。
ご家族さまで、霊現象に悩まされている、との事。
いろいろとお話を伺い、リーディングした結果、
ご家族さまは霊感が強く霊現象を起こしているのではなく、
「電気体質」で、ポルスターガイスト現象を起こしたり、プラズマ現象を起こしていたり、
という事がわかり、心配はなく結婚なさる頃にはなおりますよ、大丈夫。
というお話になりました。

電気体質、とは電気を発生しやすい体質のようで、
蓄電、放電もかなりのアンペアになるようです。
若い白人女性に多いのですが、モンゴロイドも若い女性には少なくないです。
(何故、若い女性に多いのかは未解明ですが)
有名なポルスターガイスト現象ですが、この電気体質の女性が原因となっている場合、
「動いた物体が熱を帯びる」事になります。
布団が吹っ飛んでも、
電話が鳴らずに出んわ、でも
布団や電話機に触って暖かければ、電気体質の女性が起こしているポルスターガイスト現象であり、
霊は関係はありません。
不思議ですね。
いたずらに怖がる必要は無いわけです。
(まあ、現象には困りますけれど…)

そういう方は、電気製品を壊すし、
プラズマ現象も起こすから変な音が鳴ったり、髪の毛が逆立ったり、急に動けなくなったりする。
でも、これも霊現象では無いわけです。

ゴム底の靴を履く、
髪を短くして帯電を防ぐ、
化学繊維より自然素材の服を着る、
イライラしないように睡眠を取る、
そんな事で防いでいけます。

プラズマ現象は、オーヴと言われる、写真に白い丸い玉のようなものを写し込んだりします。
一般的に、オーヴは霊現象と思われていますが、
実際に霊現象としてのオーヴは下記の写真に写る丸い物体、のような形状となります。

中に何か入っているような。
アメーバみたいな形、これが霊的なオーヴ。
このようなオーヴを見て、
これは良いもの?悪いもの?と、短絡的に考えてしまいますが、実はオーヴは余り人間には影響しないもの。
問題はないオーヴがほとんどです。

世の中にはいろいろな出来事がありますが、
いたずらに怖がらず、騒がず、見えるということにこだわらず、
知識と智恵での分析を意識して頂けましたら、と思います。
そう、スピリチュアルはアカデミズムと常に、リンクしているんです。

甘酒を飲みながら。

寒くなって参りました。
私は寒くても大抵は裸足で過ごしておりまして、
どうも裸足のほうがエネルギー感知に於いて感受性が良いかな、と思うからなのですが。

最近は以前より寒いかな、とか
エネルギー足りていないかな…と思うことも増え、
そんな時には甘酒を頂く事にしています。
フリーズドライの、お湯を注ぐだけで出来上がるタイプ。
勿論、アルコール0です。
酔わないので、どうぞご心配なく。

リーディングしている時にもちょっとだけ中座して作ってきたり。
その際はクライアントさんに、
ご一緒にいかがですか?
と伺うのですが、ほぼ皆さま、頂きますと仰います。
一緒に甘酒頂きながら、暖まりますねとか、ほっとしますねとかお話しながら、
どえりゃーシビアなリーディングしていたりもします。
ちなみに、フリーズドライの甘酒はプレーンタイプと、生姜入りタイプ、二種類用意してあります。
ご希望の方はご遠慮なく、仰ってくださいませ。

今週は
師走が近付いてきている影響か、ちょっと重い案件が多く、涙を流された方も多くいらっしゃいました。
慟哭なさる方。
号泣なさる方。
咽び泣く方。
泣くことで、辛い時間は流されていくのかしら、
それとも魂を洗う為なのかしら。

先日、夜にみえた男性クライアントさん。
顔を覆って唸るように涙しながら、
「鶴見さん、甘酒、生姜入りでお願いします!」

はい……かしこまりました……

学芸大学サロン登録に関するお願い

学芸大学サロンでのリーディング予約に関しましては、専用サイトへの会員登録が必要となっています。

私がインターネットでの予約方法に限定させて頂きまして、既に12年が経過しています。
限られた予約枠の為に、もっともフェアな手段ではないかと考えております。

以前からサイトへの会員登録に、無効アバターの入力はありまして、月平均30件くらいでした。
が、ここ半年ほど、トラップ的入力が日に50件を越える程に増えており、サイト管理会社さんとともに頭を抱えております。

余りデータが増えてしまいますと、バグ等の原因にもなりますし、
予約システムが乱れてしまい、リーディングをご希望のクライアントさまに迷惑がかかってしまいます。

サイトに警告を表示する前に、ブログにてお願いを申し上げたいと思います。

すみません、どうぞ無効アバターの大量入力はお止め頂きたく、切にお願い申し上げます。

下の画像は、数多あるタロットカードの中で一番、美しい絵柄と言われている
タロット ゴールデンドーンの「星」のカードです。
切なく不安な感情を呼び起こすような、妖しさの漂う美しさです。

三好達治、「雪」。

北海道の実家に介護帰省中、
でも一泊でとんぼ返りですが……

今日の実家周辺の最低気温は-9℃、最高気温は-3℃。
私は道産子ではないので、慣れてきたとはいえ、雪が降ると光と色合いが変わって、別世界になるのがとても不思議で。

そして、雪を見ると浮かんでくるのがこの詩。
  

           雪
                 三好達治

 太郎をねむらせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。

 二郎をねむらせ、二郎の屋根に雪ふりつむ。

初めて読んだ時に、とても衝撃を受けました。
太郎、二郎が居るのは現世なのかしら、と。
何故に、太郎は、二郎は、眠らせられるのかしら。
眠らせられた太郎は、二郎は、
雪が降り積む中に封印されていくのかしら。
雪は音を吸い込み、光を乱す。
静謐な空間が割れて古い世界が堕ち、
新たな異界へと繋がっていくのではないかしら。
これは多分、昼でも夜でも無い世界。
ほぼ黒と見えるインディゴブルーの光と影の綾。

雪を見るたび、音が消え光が落ち始めると、
私はこの詩を思い出します。

北海道の日暮れは早い、もうインディゴブルーの世界です。