シャーマニズムプログラム

例えばこのようなシャーマニズムプログラム。
場所に関係する事。
周辺事情が全て、ネガティブに傾くような動きの解除。

一見すると美しい自然の中で、私は静かに水流で佇んでいるだけですが、肩口~頭部の色合いが変色し、なにか付着しているように見えます。

この写真では頭部がぼやけて一部、向こうの景色が透けて見えています。肉体の存在が曖昧になった状態。
手ぶれ写真とは少しニュアンス的に違います。

この写真では頭部がもとに戻り、肩口付近の変色もありません。
ただ、右足の脛から下が消えて向こう側にある水流が写っています。

不吉な写真ではなく、今回のシャーマニズムプログラムの推移をデジタルカメラが忠実に捉えてくれたものです。
当方のヒーラーさんが撮影。
いっしょにワークをしていると場への共鳴度が高まるように思います。

畏怖と畏敬。それは私たちのDNAに深く刻まれている、一種の暗号かもしれません。