誰もいないバス停

出雲での出来事です。

日御碕灯台の景色に心奪われ、一日に数本しかない貴重なバスを逃してしまいました。

誰もいないバス停……

途方に暮れていると、そこへフランス人ご夫妻がやって来ました。色々話しているうちに、私がフランスに短期滞在していた家のご近所さんということがわかり、なんと、利用していた最寄駅まで同じでした。

そのご夫妻と近所のお花屋さんやスーパーの話で盛り上がり、「絶対にすれ違っているね!」と笑い、楽しく素敵な時間を過ごしました。

日本人さえいないバス停で、フランス人ご夫妻に出会うのも驚きですが、それがご近所さんだったなんて!

バスを逃した事で、この素敵な出逢いに繋がりました。

その場ではマイナスだと感じてしまう出来事も、マイナスと決めつけず、受け止め方を変えることでプラスに転じるかもしれません!