クリムト展

 

先週末、東京都美術館で開催されているクリムト展に行ってきました。

学生の頃から大好きだったクリムト。

今まで何度か目にする機会がありましたが、今回大規模な展示ということで楽しみにしていました。

 

官能的でセンシュアル、退廃的ながらも気品が漂う女性たち。

クリムトは女性の絵画を多く残していますが、モデルとなった女性たちとの間にわかっているだけでも14人の子どもがいたそうです。 (!)

でも彼自身はあまり社交的ではなく、寡黙で謎の多い人物とされています。

猫を抱いている、というだけで好感が持てる不思議。

 

ビザンチン芸術から影響を受けた金箔を用いた絢爛な絵画が有名ですが、日本の浮世絵などからも大きな影響を受けています。

平面的な描写、グラマラスではないしなやかで細身の女性像、市松模様のような規則的なパターン、油絵らしからぬ透明感を感じる色合いの表現など日本人に馴染みやすい要素が多く、日本や中国で人気なのも頷けます。

数多くの絵画が展示されていましたが、やはりポスターにもなっているメディトと、全長30mある壁画のベートーヴェン・フリーズが印象的でした。

 

日曜だったこともあり、館内はかなり混雑していました。

ゆっくり観てしまったため閉館時間になってしまい、ミュージアムショップではポストカードしか買えなかったのが悔やまれます涙

とても楽しい一日でした。

 

 

 

夏至

 

今日は夏至。一年でもっとも昼が長い日ですが、あいにくの天気でしたね。

神奈川も雨が降っていました。

 

占星術では春分・夏至・秋分・冬至は大きな意味を持っており、このタイミングで今までとは異なるエネルギーが流れ込みます。

夏至は太陽が蟹座に入る瞬間を指し、今年は真夜中の0時54分でした。

夏至になった瞬間のホロスコープはこの夏の大まかな流れを見るのに役立ちます。

 

皆さんは『サビアンシンボル』をご存知でしょうか。

星座には1~30の度数があり、それぞれ異なるシンボルを持っています。

方向性を示すアセンダントと呼ばれるポイントは、夏至図では牡羊座の28度で『落胆させられた大聴衆』というシンボルです。

「周囲の反応や顔色をうかがい、期待に応えなくてはとプレッシャーを感じるよりも、あなた自身の感覚や幸せを優先し追及すること」。

また、他の天体の配置から、「それぞれが個性を活かして外の世界とコミュニケーションを取り、新しい仲間を作る」というテーマが見えてきました。

思考や常識といった理性的なものよりも感情が強くなりやすい傾向にあるため、不自由さを感じたり理想と現実のギャップに悩む、といったことも出てきそうですが、この機会にもう一度自分の本当にやりたかったこと、目標などを見つめなおしてみるのも良いかもしれません。

 

占星術は古代の叡智を元にした統計学でもあり、このように星からの影響による大きな流れを見るのに適しています。

対してタロットは見えない力が宿るような、インスピレーションを活かしてカードと対話するような読み解き方をしていくため、内面に寄り添う具体的なアドバイスが可能になります。

どちらも違う良さがあり、理解が少しずつ深まるたびに面白いなと感じています。

 

タロットにも時期を示すカードがあり、蟹座の時期はⅦの戦車。

鶴見先生からお借りしているクロウマジックのカードでは、男性とカラス、動物たちが炎をバックに描かれた力強いデザインです。

左下には蟹座のマーク「♋︎」が見えますね。

とても強く優しいカード。私にはまだ早いのですが、お守り代わりに持たせていただいています。

 

 

十番稲荷神社

 

先日、麻布にある十番稲荷神社に参拝してきました。

特に予定していたわけではなく、出かけた帰りに麻布十番駅で乗り換えようとしたところ間違って地上に出てしまい、すぐ傍に偶然神社があったのでお邪魔してきました。

単にぼんやりしていただけかもしれませんが(汗)、ご縁をいただいた気がして嬉しかったです。

ちょうど紫陽花祭りが行われていました!

手水舎も紫陽花で飾られていてとてもきれい。

 

隣には七福神の神様が乗った宝船やかわいらしい蛙の神様のお社もあり、とても心がほっこりする、優しい神社でした。

 

趣味の一つは寺社巡りなのですが、東京は数多くの寺社があって楽しいですね。

故郷の北海道は元々はアイヌ民族が暮らしており、神様や信仰が違うため神社の数がこちらほど多くありません。

(ちなみにアイヌ神話は天と地の二柱の神が、日と月の神を生むなど古事記と内容が似ています。最近はゴールデンカムイが人気で認知も広まり、地元民として嬉しい限りです!)

土地それぞれの風習や文化を知れるのはとても面白いなと思います。

 

 

はじめまして

 

はじめまして、海月かなえと申します。

鶴見先生に昨年9月よりタロットリーディングを学んでおり、この度先生のご厚意によりブログを掲載していただけることになりました。

北海道札幌市出身で、現在は神奈川県で猫と二人?で暮らしています。

僭越でとても緊張しております、どうぞよろしくお願いいたします。

猫のむー、遊び盛りの一歳です。

 

私は生まれつき網膜色素変性症という進行性の難病を持っています。

視野が狭いため小さな頃から他の子と同じように行動することができず、「どうして自分だけできないんだろう、違うんだろう」と劣等感やコンプレックスを強く抱いてきました。

そういった「他の人との違い」を意識していると、「自分の本質は何なのか、自分をもっと知りたい」と思うようになり、20代の頃から独学で西洋占星術の勉強を始めました。

読み解くにつれ、自分の考えの癖や苦手なところ、逆に長所なども見えてきて、許されたような、気持ちがとても楽になったのを覚えています。

さらにカバラ数秘術や手相、門学などを学んでいる時、2014年に知人の紹介で鶴見先生のことを知りタロットリーディングをしていただき、その神秘的で奥深い世界に魅了されました。

現在はタロットカードを中心に勉強をしつつ、自分を責めてしまったり息苦しさを感じている方が、その方らしく前を向けるよう後押しできるようなリーダーになれたらと思い精進しています。

まだまだ未熟者ですが、どうぞよろしくお願いいたします。