ドキっとしたこと

鳥は飛び方を
変えることは出来ない。

動物は這い方、走り方を
変えることは出来ない。

しかし、人間は
生き方を変えることが出来る。

こちらは日野原重明さんの「生きかた上手」の著書の一節になります。
ご存知の方も多いかと思いますが聖路加国際病院理事長で100歳を超えても現役で医師を続けられた方になります。

なんでしょうか。
ハッとしました!この一節を読んだ時

人間は考えることができるから、生き方を変えることができるわけで。

そのためには、自分自身を大事にすることからはじめるそうです。

つい、目の前のことに一喜一憂してしまいますが、そんなことは本当は何の意味もないんでしょうね。

とても深い意味のある言葉でしたので、年末忙しい中ちょっと立ち止まって考えて頂けると、今年一年しっかり振り返ることができると思います。

新たな自分に出会えますように。